もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

林のりこ愛媛県知事候補を熱烈応援

カテゴリー:

 
林のりこ愛媛県知事候補をファンの1人として熱烈応援❣️
あったかいハート、熱いハートの林のりこ候補。とっても尊敬している方です💕
林のりこ候補は、日本共産党愛媛県委員会の委員長です。
 
愛媛県民の皆様の命や暮らしを守りたいからこそ、
今の政治を変えなければ守りきれないからこそ、
県知事選挙に勇気を持って立候補されました✨✨✨
その思いにみんなで応えたいです❗️❗️❗️
 
 
応援のマイクを握ってくださった無所属の たぶち紀子松山市議は、「これほどのリーダーシップをとることのできる女性は愛媛県の中で他にはいない❗️」と太鼓判を押してくださいました✨✨✨午前中も宣伝カーに乗って、林候補と一緒に応援してくださったそうです。女性の声援が多く、ビラの受け取り100%だったそうです。
 
もちろん、駆けつけた日本共産党の田中かつひこ愛媛県議(弁士)、小崎愛子松山市議(司会)、杉村ちえ松山市議、佐々木隆雄砥部町議会も全力で応援しています💪
 
田中かつひこ愛媛県議は、今の県政は、「少子化」を問題にしながら、県として子どもの医療費無料も就学前までと遅れ(沖縄県は中卒まで無料)、35人学級も遅々として進まない、一人一人の子どもたちを大切にする施策を進めていない問題を指摘しました。
さらに愛媛県議会の自民、公明などの議員は、「早急に国会に調査委員会を立ち上げ、旧統一協会と国会議員の実態解明に全力を上げるとともに、被害者の救済及び被害を防止する対策の徹底を求める意見書」を否決するなど癒着を断ちきる本気度が疑われる事態です。
加えて、県議会の中には、選択的夫婦別姓を進めると犯罪が増えると根拠のないことまで言っている議員がいるそうです。
林のりこ県知事の誕生は、こうした県政を変える大きな力になります。
 
 
林のりこ候補の訴えには、道ゆく若者も手をふって応援してくれました❣️
とりわけ若い方々が手をふって応援してくれたと私が感じたのは、伊方原発廃炉、省エネと再生可能エネルギーをすすめ、原発ゼロ、気候危機打開に取り組むとの訴えでした。子どもたちの未来を守る責任ある政策を何としてもすすめたいですね。
林のりこ候補の子育てプラン、18歳まで医療費ゼロ、学校給食費ゼロ、妊産婦医療費ゼロの訴えは、演説会後のシールアンケート宣伝で何人もの若者からも共感の声が寄せられました。
税金の使い方を変えて、子育て応援、暮らし応援の県政へ❗️
 
そして、林のりこ候補が力を込めて訴えているのが、ジェンダー平等🌈です。
愛媛県内でパートナーシップ制度ができている自治体は、なんとゼロ・・・。
全国の自治体で進み、パートナーシップ制度の人口カバー率は6割を超えてます。
林候補は、愛媛県としてパートナーシップ制度をつくり、遅れた状況を何としても変えたいと訴えています👏👏👏
 
県民の皆様とともに歩む 林のりこ愛媛県知事候補を当選させ、ともに生きる社会をつくっていきましょう🌈
 
愛媛県では、女性の転出超過が男性よりも高い状況となっており、女性が数が減っています。
最低賃金も10月から853円となりましたが、全国で一番低い水準です。女性の賃金は最低賃金ははりついています。
全国どこに住んでいても同じように生活費がかかることは、全労連の皆様の調査でも明らかです。
具体的財源も示して賃上げプランを掲げてこれまでも頑張ってきた林のりこ候補を当選させて、男女賃金格差是正、賃上げと物価高騰に見合った年金引き上げ、消費税減税など国にいっそう力強くものを言っていきましょう❗️
 
 
演説会後のシールアンケートでは、若い女性の方が、「ボスが中村知事です。愛媛県の職員で働いているんです。会計年度任用職員で賃金が安い。女性の賃金は低いので、ぜひ頑張ってほしいです。応援しています❗️」とものすごく力強く語ってくださいました💪
林のりこさん、勇気100倍❣️
 
さまざまな選挙の中でも選挙期間が長いのが県知事選挙です。だからこそ体力がものすごく必要です。
これまで激務で走り続けてきた林のりこさん。どうかお身体にはくれぐれも気をつけていただきたいです。
 
愛媛の皆様、愛媛にお知り合いがおられる皆様、なにとぞ 林のりこ愛媛県知事候補 を勝利させるために広げてください🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️つながって応援してください。
どうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
 
国会秘書時代に大変お世話になった方や愛知県ゆかりの方々などお会いできて嬉しかったです✨✨✨
愛知から愛媛に引っ越しされた大変お世話になった懐かしい方は、お土産まで持たせてくださり、自宅(愛知県豊田市)にお電話までいただき、家族に温かい言葉をかけてくださいました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️豊田市の父親も喜んでいました。
ただただ感謝するばかりです。
 
愛媛の皆様、本当にありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
 
© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)