もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【航空自衛隊輸送機の県営名古屋空港への緊急着陸について防衛省からの聞き取りました

カテゴリー:

 
【航空自衛隊小牧基地に所属するC130輸送機(機体番号35-1072)の県営名古屋空港への緊急着陸について】
防衛省防衛政策局訓練課からの聞き取り
 
◆静岡県南方の海の上で、エンジン4つのうち1つをとめて、再起動する訓練をやっていたところ、再起動しなかった。故にエマージェンシーコールを出して、県営名古屋空港に緊急着陸した。バードストライクではない。
◆県営名古屋空港は、10:30~10:34、C130輸送機(機体番号35-1072)の緊急着陸のために閉鎖した。他の航空機に影響はなかった(※)。
(※)やり取り後に改めて「中日新聞」の記事をみたら、「民間機1機の離陸が15分遅れた」と書かれていました。
「中日新聞」には「民間機1機の離陸が15分遅れた」と書いてあるが、と改めて質問すると、
「空港事務所では、15分までの遅延などは、影響がないということになっている」との回答!
「影響ない」の意味に驚きました。
「県営名古屋空港の管制は自衛隊。ちゃんと報告を」と念を押しました。
◆原因究明は、これから。しかし、他のC130輸送機は飛ばすことになる。原因がわかったら、整備などとも情報共有して点検する。
◆(ヒアリハットを軽視していると大事故につながる。原因究明できるまで他の機体も止めるべきではないか)大事故ではないので・・・、原因究明できたら、共有する。
◆(エンジンをとめて再起動する訓練はやめるのか)それはまだ決まっていない。
◆緊急着陸したことは、愛知県、小牧市、春日井市、豊山町、名古屋市に報告した。
再度、少なくとも原因究明できるまでは、飛ばすべきではないと述べました。
「部内で情報共有します」とのことでした。
◆メ~テレさんの報道
© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)