もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

名古屋出入国在留管理局で聞き取りを行いました

カテゴリー:

 
山添拓参議院議員、藤野保史前衆議院議員とともに名古屋出入国在留管理局(名古屋市港区)に行き、3月に起きたウィシュマ・サンダマリさん死亡事件及び最終報告書(8月発表)に関し、聞き取りを行いました。
 
ウィシュマさんが亡くなった単独室の方向に向かって全員で黙祷を行いました。
 
 出入国在留管理庁の調査で、外部医師が「(ウィシュマさんが)飢餓状態にあることを示唆」していると分析した2月15日の尿検査結果をめぐり、中間報告には記載せず最終報告書で初めて明らかにした経緯について、同庁は「名古屋局から当庁へ(資料)の送付漏れがあった。人為的なミスだ」と釈明。他に漏れた資料はないのかとの問いには「現時点で確認できていない」と述べました。
 
 尿検査結果は入管の責任を問う上で重大な資料。
 最終報告書では検査結果を受けた医療的な対応がなかったことが分かっています。
 ご遺族は、結果が出た後も点滴や入院治療の要請を入管が黙殺したなどとして当時の名古屋入管幹部を殺人容疑で告訴。
 
 国会で入管法改定案の議論がされていた時期の中間報告では検査結果を隠していたのではないかとの指摘があります。
 
 元交際相手からの暴力被害を訴えていたウィシュマさんをDV被害者とみなさず、入管庁の「措置要領」で定められた対応も取らず、最終報告書でも不問にしている点では、私は「DV被害者支援の専門家が検証の不十分さを指摘し、専門家を交えた再検証を求めている。実現すべきだ」と強調しました。
 
山添議員や藤野前議員は、看守勤務日誌や看守勤務概況など未公開の資料があるとして開示を求めました。
 事前に収容施設内の視察を求めましたが、入管庁は“コロナ対策”を理由に立ち入りを拒否。代わりに、ウィシュマさんが収容されていた単独室の様子を写真で示して説明しました。
 
引き続き、ビデオの開示、真相究明に力を尽くします。
 
© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)