もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

名古屋市千種区、名東区、守山区でシールアンケート&宣伝

カテゴリー:

 6月13日は、名古屋市千種区、名東区、守山区で、シールアンケート&宣伝。
 千種区では、酒井ケンタロー名古屋市議選予定候補、榑松佐一愛知県後援会長、支部や後援会の皆様と
 名東区では、さいとう愛子名古屋市議とくれまつ順子前名古屋市議、榑松佐一愛知県後援会長、支部や後援会の皆様と
 守山区では、くれまつ順子前名古屋市議、榑松佐一愛知県後援会長、支部や後援会の皆様と一緒に参加しました。

 通りかがった女性が手をぎゅっと握って「長崎の被爆の話、思いが伝わってきたよ。本当にがんばってほしい!」と熱烈に激励してくれました。
 また、応援にかけつけてくださった方が折り鶴を下さいました。

 若い世代の方に東京五輪へのご意見を伺うと「中止」に投票。やってほしいことは、「医療の充実」でした。
 小さな子どもさんと一緒のママさんは、「中止」に投票。PCR検査などの充実を求めてみえました。
 中学生くらいの子どもたちにお話を伺うと、「中止」に投票。やってほしいことは、「医療の充実」でした。
 なぜ「中止」に貼ってくれたのか伺うと、「だって感染が大変だから」とズバリ。
 命を守るためには、感染拡大防止しかないのに、拡大させる方向でしかない東京五輪開催強行のスガ政権・・・。

 陸上自衛隊守山駐屯地に帰る車両が何台も続きました。
 きっとどこかに訓練へ行ってきた帰りなのでしょう。
 若い若い自衛隊員。絶対に戦場に送らせるわけにはいきません。
 安保法制で自衛隊の性格が集団的自衛権可能、アメリカ軍の武力行使と一体化も可能になってしまったもとで、「自衛隊」を憲法9条に加えると、自衛隊員に命の危険がおよぶからこそ、私たちは改憲NO!の声をあげていることもお話しました。
 また、18歳の若者の個人情報を名古屋市が自衛隊にタッグシールまでつくって提供する問題もおかしい!と訴えました。

 駆けつけてくださった皆様にもとても励まされました!!!!!
 千種区、名東区、守山区の皆様、本当にありがとうございました!!!

 

----------------------------------------------------

名古屋市中区、西区、千種区、名東区、守山区でシールアンケート

東京五輪「中止」の声がダントツで1番多かった! 医療充実の声も多かった!

一カ所あたりの時間は短かったのですが、協力してくださった皆様に心から感謝いたします!!!

◆「東京五輪 もしあなたが総理大臣だったらどうする?」
①「中止」 115票
②「開催」 15票
③IOC・東京都が決めること そちらにまかせる 6票
④わからない 2票

◆いま、日本の政治がやるべきことは?
①医療機関を支援   35票
②ワクチンを増やす  27票
③PCR検査を増やす 25票
③学費・教育費減免  25票
⑤事業者に給付金   23票
⑥富裕層に税負担   21票

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)