もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

竜巻 75歳「もう住めない」 静岡・牧之原

カテゴリー:

先日の調査が記事になりました。

———————————————————————————————

竜巻 75歳「もう住めない」 静岡・牧之原
2021年5月4日【社会】「しんぶん赤旗」
 静岡県牧之原市で1日夜に発生した突風による被害について、日本共産党の、もとむら伸子衆院議員、しまづ幸広前衆院議員、鈴木ちか衆院静岡2区候補、鈴木節子県議が3日、被災現場を調査しました。藤野守市議が同行しました。
 3日午後1時までにわかっている被害は、全壊3棟(非住家3)、一部損傷63棟(住家35、非住家28)、調査中43棟となっています。農作物の被害も出ています。静岡地方気象台は、最も被害が大きかった布引原地区で発生した突風について「竜巻の可能性が高い」と発表しています。
 屋根が飛んで、ガラスも割れてしまった家の75歳の女性は「当日いなかったから、帰ってきたらビックリ。電話で聞いて覚悟していたが、涙が出る。もう住めないから建て替えるしかない。50年以上住んでいたから、地元を離れたくない。少しでも支援してほしい」と苦しい胸の内を語りました。
 もとむら、しまづ、鈴木ちか、鈴木節子、藤野の各氏は、お見舞いの言葉を述べつつ、「今の市の調査では全壊扱いになっていない。全壊扱いになるように、一緒に声を上げていきましょう。自然災害は、国、地方自治体が補償するべきです」と語りました。
 すぐ近くの「建てて16年の家。当日は雨が降りこんでしまって、シミになっている。建て替えるしかない」と話す人にも国や県の制度を説明し、もとむら氏らは、全力で支援すると対話しました。
 農家の人たちも屋根の断熱材など飛んで来たものの対応に追われ、「収穫する目前だったのに、売り物にならない。大きな被害だ」と嘆いていました。自家菜園をしている人も「物置が吹き飛んでしまった」と突風の強さを説明してくれました。
 牧之原市から道路を挟んだすぐ隣の菊川市でも4棟の被害が出ている家にも訪問し、壁がはがれ、雨もりもひどい実態を聞きました。
 もとむら氏は「数字に表れない被害の実態、声を伺うことができました。もう住むことができないなど被害実態に見合った支援を国・県・市に求め、力を合わせて実現させたい」と話しています。

 

© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)