もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

笠井亮衆議院議員を迎えて三重県四日市で演説会!

カテゴリー:

 

 笠井亮衆議院議員を迎えて三重県四日市で演説会! 
 日本共産党三重県委員会と北勢地区委員会の皆様主催で12月5日、笠井亮衆院議員を迎え四日市市で演説会が開催され、しまづ幸広前衆議院議員、山本りか三重県議とともに参加しました‼️

 笠井さんは、コロナ禍でも改憲や「Go To」事業に固執する自民党を批判し、「この国の未来を託すことはできない。次の総選挙はオール野党で政権交代し、連合政権をつくろう」と訴え。比例東海で日本共産党の2議席回復、さらに3議席以上をめざそうと呼びかけると参加者は大きな拍手で応えました。
 笠井さんは、コロナ対策をないがしろにし、「桜を見る会」などの疑惑にふたをして国会を閉会した菅政権を「言語道断で許されない」と批判。「自助」を掲げる菅首相に対して、野党が協力して命・暮らしを守ろうと雇用調整助成金やPCR検査拡充を求めてきたことを紹介し「公助こそ政治の責任だと正面から問う総選挙にしよう」と訴えました。

 私は、医療機関への減収補填(ほてん)や保健師の増員などを求めた国会質問についてお話し、命、健康、尊厳、暮らし、営業を守るために全力でがんばる決意を表明しました。
 しまづさんは「市民と野党の共闘をさらに進めて消費税減税を実現させよう」と訴えました。
 「フラワーデモみえ」呼びかけ人の長田伊央さんが再び駆けつけてくださり、性暴力被害の深刻さと刑法改正、中長期にわたる被害者支援の重要性がよくわかる連帯あいさつをしてくださいました。

 立憲民主党の岡田克也衆院議員、社会民主党三重県連合の五味靖幸幹事長、草の根運動いがの稲森稔尚県議がメッセージを寄せてくださいました。
 3人全員当選の菰野町議団の皆様ともお会いし、あらためて喜びを分かち合いました!
 皆様、本当にありがとうございました!!!

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)