もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

 8月27日、愛知県岩倉市、一宮市に伺いました。

カテゴリー:

 8月27日、愛知県岩倉市、一宮市に伺いました。

 岩倉市では、ますやのりこ岩倉市議とともに、まず、新型コロナウイルス感染症の
影響で、経営が大変になっている地元の商店の方からお話を伺いました。
個性豊かなお店が地域で事業を続けることができるように一層頑張らなければなりません
 次に、住民の皆様と一緒に名鉄本社などに要請してきた名鉄石仏駅東改札口の創設、 
駅のバリアフリー化の問題で、長年の運動のなかで、ようやく工事が始まりまた!!!!!
 長年、声を上げ続けた皆様に心からの敬意と感謝を申し上げます。

 続いては、女性のつどい。

 この日は、明日、安倍首相が辞任会見するのではないかとのうわさについても 
話題になりました。まさか、翌日、辞意表明するとは・・・。 
 
 ワタナベコウさんとツルシさんが出演された「とことん共産党」を見ながら、
国会情勢、ジェンダー平等、日本共産党の在り方などわいわい話し合いました。
時間が足りないくらいで、一宮市に移動。 
 続いて、一宮市で、いたくら正文地区委員長と生活相談を伺い、今後、
国にたいし調査を求めるなど取り組まなければならないことを確認しました。
 
さらに彦坂和子一宮市議と地域をまわりました。
「日本共産党は名前を変えたほうがいいよ」とのお声もありました。
過去の戦争に命がけで反対を貫いた日本共産党の伝統を大事にしたいと思っており、
簡単に変えることは難しいことや、貧困と格差、地球温暖化、異常気象などもうけが
最優先の資本主義のなかで、さまざまな矛盾があり、もうけが最優先の資本主義を
乗り越えた新しい社会をつくって、命や健康や尊厳、自然環境などが大事にされる社会を
つくりたいと考えていることなどお話をしたところ、
毎日のしんぶんを読んでくださる方も!
また、日曜版の読者に新たになっていただく方も。

 皆様の率直なご意見やご支援に心から感謝の思いで、一宮をあとにしました。

 岩倉市の皆様、一宮市の皆様、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)