もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

岐阜県関ケ原町の関ヶ原駅にエレベーター設置を!現地調査に行きました!

カテゴリー:

 

 7月16日、岐阜県関ヶ原町へ行き、
田中ゆき子関ヶ原町議とともに、関ヶ原駅にエレベーター設置を!とバリアフリーに取り組む住民の皆様と懇談し、西脇康世関ヶ原町長と職員の方と意見交換しました。

車イスの方は、隣町の駅(垂井駅)に行かなければなりません。
車を運転できない方々や足に痛みを抱えた高齢者の方々もお買い物や通院に利用されており、階段の登り降りに大変なご苦労をされています。

関ヶ原町は、ご存じのように天下分け目の戦いが二度(壬申の乱・関ケ原の戦い)行われた地としても有名です。

日常的にも、そして、観光の玄関口の駅をバリアフリーにというのは当然の要求です。

車イスの方、ベビーカーに子どもさんを乗せた方などが利用できるホームの幅にあったエレベーターが求められています。

 

 

 国のバリアフリー法に基づく基本方針では、1日当たりの平均的な利用者数が3000人未満の「鉄軌道駅についても、利用者数のみならず、高齢者、障害者等の利用の実態等に鑑み、基本構想及び移動等円滑化推進方針の作成状況その他地域の実情を踏まえて、移動等円滑化を可能な限り実施する」とあります。

また、2020年6月29日にJR東海がバリアフリー法に基づき提出した「移動等円滑化取組計画書」には、「3千人未満の駅においても、自治体から協議があった場合には、エレベーター等の整備による段差の解消や多機能トイレの整備等に個別に対応することとしている」と書かれています。

西脇町長も町としても進めたいと考えているそうですが、JR東海との交渉の難しさを語られました。

国会でも引き続き、課題解決含め、国交省にも働きかけていきたいと思います。

今年は、関ヶ原の戦いから450周年で、岐阜県立の岐阜関ケ原古戦場記念館がすでにオープンしているはずでした。
しかし、新型コロナの影響で、オープンできずにいます。

同記念館は、52億円の事業費とのこと・・・。

関ヶ原町では、関ヶ原病院が、19床の診療所になってしまい、来年3月で岐阜大学出身の内科の医師が撤退してしまう危機にあり、医師の確保など地域医療充実も町民の皆様の切実な願い、とのお話も伺いました。

少しでもお役に立てるように関ヶ原町の皆様と連携しながら頑張ります

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)