もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

帰国できずに、収入もない外国人技能実習生の方々の一刻も早い救済を!!

カテゴリー:

連日、帰国できずに、収入もない外国人技能実習生の方々の救済を求めて、出入国管理庁、厚生労働省、

技能実習機構とやり取りをしています。

連日、鈴木まさ子岡崎市議、くれまつ佐一前愛労連議長とも連絡をとりあいながら。

4月28日までで技能実習期間の途中で解雇されてしまった若者たち

食べ盛りの若者たちが、1日1食、2食。

なぜ、早急に救済ができないのか!と怒り心頭です。

外国人実習生の方々の保護、帰国を確実にさせる責任があるトヨタ系の部品メーカーと監理団体は、

◆本当は、失業給付を受けることができるのに、受けることができないと虚偽の説明

⇒本当なら5月分から失業給付を受けられるはずだったのに・・・・それゆえ生活困窮

◆在留資格の変更の手続きを大幅に遅らせた

◆仕事を見つけることもできるのに放置⇒生活困窮

◆新型コロナウイルス感染症の罹患も心配されるのに、健康保険は無保険のまま放置

◆6月、7月の生活費は、それぞれ5000円と言ってきた。⇒ひと月5000円でどうやって生きて行けというのか!

◆銀行通帳をある時期、「解約するから」と持っていってしまった。

◆通訳さんへの脅しともとれる発言。パワハラか?

同じ人間が、日本に働きに来てくれているということを忘れた企業・団体は、

外国人技能実習生を受け入れる企業・団体としてふさわしくありません。

出入国管理庁、厚生労働省、技能実習機構の厳しい対応を求めます。

そして、一刻も早く、技能実習生の方々の救済を!!!!!

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)