もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県委員会の皆さんが政府交渉に来られました!!!

カテゴリー:

11月16日、愛知県委員会の皆さんが政府交渉に来られました!!!

子どもの貧困対策、社会保障制度、最低賃金、長時間労働規制、給付制奨学金、家賃の心配なく安心して暮らせる住宅制度、駅ホームの転落防止、安保法、愛知の軍需拠点化、軍学共同許さないなどなど多岐にわたる要請です。

 私は、国会質問、第7回中央委員会総会、議員立法にかんする他党とのやりとりで、最低賃金問題で厚生労働省、安保法制問題で防衛省、内閣府、外務省との交渉に参加しました。

 交渉には、国会から島津ゆきひろ衆議院議員、井上さとし参院国対委員長、と私、また、わしの恵子愛知県議、しもおく奈歩愛知県議、新免はるか岡崎市議、すやま初美若者雇用対策部長、いたくら正文愛知10区予定候補、酒井ケンタロー愛知2区予定候補や県委員会愛知、東海ブロックメンバーが参加しました。

 防衛省、外務省、内閣府との交渉では、南スーダンPKOから自衛隊を撤退させることを求めました。
 青森駐屯地以外の部隊が行くのに秘密にしている問題で怒りが爆発しました。秘密にして派遣され、命を落としてしまったら、泣くに泣けません。亡くなった場合、公表するのかもわからないとの回答に、ものすごい恐ろしさを感じました。
 こんな憲法違反を絶対に許すわけにはいきません!!!!!

 また、F35戦闘機の重整備拠点、県営名古屋空港及び隣接地の軍事拠点化を中止することも求めました。F35戦闘機の重整備拠点についてアメリカ軍などが絶対に県営名古屋空港を使用しないように求めました。
 防衛省は、アメリカ軍など他国軍のF35については何も決まっていないと述べました。もしもアメリカはじめ他国軍のF35が県営名古屋空港や三菱重工小牧南工場などを使用する場合、いったい誰の合意をとることになるのか聞いても、まだ決まっていないからわからないという回答でした。

 絶対に拒否してください、と強調しました。

 ニュージーランド空軍が、小牧基地=県営名古屋港に部隊間交流できた問題で、根拠になっている日豪「覚書」の情報公開をするように改めて求めました。

 戦争する国にさせないために一層頑張る決意をした政府交渉でした。

 明日は、愛知のリニアの問題を皆さんと交渉します!!!

 本当にお疲れ様でした<(_ _)>

15056422_884447675024950_3648763669519218042_n 15085645_884447671691617_6040612490363016161_n

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)