もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

「東海税理士政治連盟定期大会・愛知県集会」に参加しました。

カテゴリー:

 9月2日、生まれて初めて「東海税理士政治連盟定期大会・愛知県集会」に参加しました。

 日頃から税務に関わって地域に貢献されている税理士の皆様の集まりです。

 愛知県関係の自民党、民進党、公明党、無所属の国会議員もご一緒でした。

 私は、外形標準課税を中小企業に適用しないことなど一致する点あること、私たち日本共産党は、所得が年間1億円を超える人々の所得税が所得が増えれば増えるほど負担率が低くなる所得税の不公正、中小企業(20%)に比べて大企業(12%)の方が実質的な負担率が低くなっている法人税など税制を公正なものに変えるために全力を尽くすこと、国土交通委員として、皆様が苦労して納めた税金が不要不急のものに使われるのではなく、本当に必要なところに使われるように全力をあげていく決意を語り、一致する点で力を合わせていきましょうとお話しました。

 私が呼ばれたときに会場がざわついたような気がしましたが、温かく迎えていただきました。
 私が呼ばれたことが間違いでなければいいのですが・・・。

 いずれにしても貴重な機会でした。

 東海税理士政治連盟の皆様、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)