もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.09.08】土砂災害で新城市湯島〜新城市愛郷間の国道257号線の全面通行止めについて、早急な復旧のお声がありました。

カテゴリー:

 7月17日(7:20頃)に発生した土砂災害で新城市湯島〜新城市愛郷間の国道257号線の全面通行止めについて、早急な復旧のお声がありました。

 さっそく国土交通省中部地方整備局に連絡。

 本日回答がありました。

◆管理は愛知県で、県によれば、崩れた山側の土地の地権者との交渉をし、了解を得て、8月25日、施工会社と契約をかわした。

◆NTTや中部電力など4社が使用している電線・電柱があり、それを移設しないと工事ができない。明日、4社が現地に集まって、移設方法など検討する。そして工事に取り掛かる。

◆崩れた上の方に不安定な立ち木や土砂があり、それを取り除き、コンクリートして、アンカーをうって、ネットをはる予定。年内までに通行できるようにしていきたい。

 もうしばらく時間がかかりそうです。

 また台風も来ています。大きな被害となりませんように・・・。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)