もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・09・30】西区に行き、青木ともこさん、枇杷島支部の皆さんと自転車で活動◆北区に移動し、金城支部の皆さん、木村恵美さんと活動◆愛知県経営者協会や労働組合へ安倍政権の退陣を求める共同の申し入れ

カテゴリー:

 
 9月30日、西区に行き、青木ともこさん、枇杷島支部の皆さんと自転車で活動しました!!先輩の西田一廣さんも一緒に行動してくださいました。
 
 訪問先は、お留守が続きましたが、お会いできたところでは、時間が足りなくなるくらいお話がはずみます。

 「NHKの老人漂流社会”老後破産”という番組、暗くなるからみたくなかったけれどみたわ。1か月4千円の食費の方も出てきたわね。どうしてああいう困った人を助けることができないのかしら。本当におかしいわね。今はいいけれど自分の老後のことも心配になる。相談にのってほしいわ」との方、

 「病気で仕事を辞めざるを得なくなって、会社の健康保険から国民健康保険に移ろうと思って区役所に行ったけれど入れてくれなかった」との方にもお会いしました。皆保険制度のはずで放置は許されません。このままでは何かあって病院にいったら10割負担、あるいはだから病院にいかない、となりかねません。手続き・交渉に行かなくては!!

 西区から北区に移動し、金城支部の皆さん、木村恵美さんと活動。時間がなく、短時間しかおられませんでしたが、日頃、しんぶん赤旗を読んでくださっている皆さんなどにご挨拶に伺えてよかったです。地域を回っていますと、本当にさまざまな不安を抱えていることがよくわかります。

 だれもが安心して暮らせる社会にするためにも一層がんばらねばと痛感します。

 給食無償化署名、集団的自衛権行使容認反対署名などにも協力してくださいました。

 西区と北区の活動で、新聞を読んでくださる方々、後援会ニュースを読んでくださる方々も増えました。

 西区と北区の皆さん、本当にありがとうございました<(_ _)>

 その後、愛知県経営者協会や労働組合を訪問させていただき、安倍政権の退陣を求める共同の申し入れを行いました。

 立場は違っても、一致点を見出して、一致するところで力をあわせて社会をよりよい方向に進めていくことを引き続き大切にしていきたいです。

 お忙しい中、お時間をとっていただき、本当にありがとうございました<(_ _)>  

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)