もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・07・27】国民安保法制懇、愛知県弁護士会、日本弁護士会共催の「緊急集会」に参加

カテゴリー:

 
  7月27日、「集団的自衛権行使を容認する閣議決定を徹底検証する」として、憲法学者や弁護士、元内閣法制局長官らでつくる「国民安保法制懇」が、名古屋市内で緊急集会を開きました。

 愛知県弁護士会、日本弁護士連合会との共催で、会場いっぱいの450人が参加しました。

 報告したのは弁護士の伊藤真さん、慶応義塾大学名誉教授の小林節さん、元内閣官房副長官補の柳沢協二さん、名古屋大学教授の愛敬浩二さん。

 安倍政権暴走の危険性をそれぞれの視点から語りました。

 伊藤真さんは「安倍氏は『自衛の措置』を強調するが、この言葉のもとでかつて日本がどれだけの惨禍を招いたか。『なぜ日本だけが武力行使できないのか』などの議論もあるが、それは日本が9条を持ち自己を律する最先端を走っているからだ」と強調。

 小林節さんは「安倍氏はホルムズ海峡機雷封鎖の危機を強調するが、『国の存立が根底から覆される恐れ』となりえるのか。日本は何度も石油危機に耐え、代替エネルギーも開発されている。『恐れ』は、おおかみ少年の被害妄想だ」と批判しました。

 柳沢さんは「友達が殴られていてもだまっていていいのかなどと感情論で武力行使を正当化するが、本当の友達であれば『そんな所に行くな』と言うべきだ」。

 愛敬さんは「政府見解は『自衛のための戦力は持てる』にとどめてきたが、安倍さんはどうとでも解釈できる『新3要件』を根拠に、あり得ない事例を持ち出して集団的自衛権行使に正当性を持たせようとしている」と告発しました。

 小泉政権の際の防衛官僚のブレーンであった柳沢協二さんや、自民党の改憲の会議にも出ていた小林節さんも含めて、憲法に縛られる側の安倍首相が勝手な解釈で憲法をこわす暴挙は許せない!安倍政権を打倒しよう!!と意見が一致したことに安倍政権の不当性、脆さなどをより痛感しました。

 国民安保法制懇の第一回の緊急集会が愛知・名古屋で開かれたことはとても光栄なことで、それだけ頑張らなければなりません。

 沖縄県知事選挙、いっせい地方選挙などで、安倍政権を追い詰めるたたかいをするために気合を入れなおす緊急集会でした!!

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)