もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・05・09】憲法改悪反対共同センターの皆さんと「戦争はいやだ!」9条宣伝/原発ゼロ☆アクション@関西電力東海支社前に参加

カテゴリー:

憲法改悪反対共同センターの皆さんと「戦争はいやだ!」9条宣伝

 
  5月9日、憲法改悪反対共同センターの皆さんと「戦争はいやだ!」9条宣伝を行いました。
 
 若い方々には「若者を戦場に送らせないために9条を守りいかそう」と声をかけながらチラシをわたすとよく受け取ってくださいました。
 「ぼくも戦場にいきたくない」という若者も。

 女性の方はとりわけよくチラシを受け取ってくださいました。チラシをみて、ウンウンとうなずきながら歩く方も。

 通りがかったイタリア人の方は、「ぼくは、社会主義者。イタリアは、アメリカと一緒になってイラク、アフガンにいった。最悪。安倍首相は、総理大臣とは思えない。日本の憲法は、素晴らしい。」と。
 その方の友人も来てくれて署名してくれ、「大好き日本のthe ninth article of the Constitution(憲法第九条》を守って」と言ってくださったそうです。

 国際的にも評価の高い憲法9条をしっかりと子どもたちに手渡したいです。

 訴えの際は握手の激励もいただきました。
 皆さん、本当にありがとうございました!!

 

原発ゼロ☆アクション@関西電力東海支社前に参加

 
 5月9日金曜日、原発ゼロ☆アクション@関西電力東海支社前に参加。
 
 リヤカーをひいたサーカスの一座も参加されていました。

 なんでも群馬県みどり市でサーカス学校をやっていたそうですが、福島第一原発の事故による放射性物質がその学校にも飛来し、除染作業のために半年間学校が休校になってしまったそうです。

 原発はいらないと行動し続けたいと、脱原発の旅をしているとのこと。

 福島第一原発の事故で被害をうけている方々は、多くいらっしゃいます。

 原発を推進してきた人たちは、そのことを本当に反省しているのですか?

 反省していたら、原発の再稼働、輸出などできないはずです。

 原発推進勢力許すまじ!そんな思いを強くしています。

※5月10日の中日新聞には、脱原発のサーカス一座の皆さんの記事が大きく載っています。

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)