もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・04・24】集団的自衛権行使容認は認めない 海外で戦争できる国にするな!「 愛知県民集会」&デモに参加

カテゴリー:

 
 4月24日、集団的自衛権行使容認は認めない 海外で戦争できる国にするな!「 愛知県民集会」&デモに参加し、連帯のご挨拶をさせていただきました。

 わしの恵子名古屋市議、山口きよあき名古屋市議、佐藤だいすけ小牧市議、江上ひろゆき元名古屋市議、村瀬和弘市議予定候補、高橋ゆうすけ市議予定候補、かのう拓人市議予定候補のお顔もお見かけしました。

 本日行われた日米首脳会談、記者会見について、尖閣諸島含め日米安全保障条約5条の適用対象ということをマスコミがクローズアップされていますが、オバマ大統領はあくまで、対話による解決、エスカレートさせることはよくないことを強調しておりました。

 対話による解決を強調したのは、よかったのですが、一方で、沖縄の皆さんの願いを踏みにじる沖縄の辺野古への新基地建設推進や、集団的自衛権の行使についてもオバマ大統領が歓迎、支持を表明し、新ガイドライン見直しで日米軍事同盟強化の方向が打ち出されるなど、見過ごすことができない問題がいくつもあります。

 集団的自衛権の行使容認について、愛知県弁護士会の皆さんも憲法上許されないことだとはっきりと言っていること、今黙っていれば戦争する国づくりが進められてしまうこと、被ばく二世として亡くなられた被爆者の方の分まで声をあげ、なんとしても戦争しないと誓った平和憲法を守り、未来に輝かせていくために全力をあげる決意を改めて表明したしました。

 今まさに日本の針路を問う大事なとき、ふんばりどきです。
 幅広い皆さんと連帯しながら、がんばっていきたいと思います!!

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)