もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・11・01】深夜1:30の最終バス◆ブラック企業実態調査~民青の皆さんと/天白区の野並支部のつどい/天白川の堤防が低くなり、住民の皆さんから水害への心配の声/原発ゼロを永遠に!アクション@関西電力東海支社前

カテゴリー:

深夜1:30の最終バス◆ブラック企業実態調査~民青の皆さんと

 
 11月1日、民青同盟愛知県委員会の皆さんと党愛知県委員会ブラック企業・雇用対策チームで、0:45と1:30の栄発~藤が丘行きの深夜バスの乗る皆さん向けのブラック企業実態調査を行いました!

 「うちもブラック企業」「大手だけどうちの会社はブラック」などと言いながらアンケートとブラック企業規制法案の号外を受け取ってくれる方も少なくありませんでした。

 「ブラック企業」という言葉が皆さんによく知られているのと同時に、ブラックな働かせ方が蔓延していることも痛感しました。

 「うちもブラックです」と言いながら近寄ってきてくださった方は、「入社1年目です。夜23時くらいまで働くこともある。サービス残業は月40時間くらいかな?寒いのにお疲れ様です。がんばってください」と言ってくださいました。

 「うちは3年間で90%くらいが退職します」という方もみえました。

 「がんばれー」との激励もうけました。

 24時間営業のマクドナルドにも行きましたが、夜中2時の時点で、パソコンやタブレットで仕事をしている人が何人もみえました(24時間営業といっても泊り客をなくすためか、夜中3~4時はお店を出ていかなければいけないようです)。

 異常な働かせ方をなくすため、人間らしく働くルールをつくることをもっと大きな世論にしていかなければならないと痛感しました。

 協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

天白区の野並支部のつどい/天白川の堤防が低くなり、住民の皆さんから水害への心配の声

 天白区の野並支部のつどいに参加させていただきました。

 日本共産党91周年の記念講演のダイジェストDVDをみた後、少しお話をさせていただき、意見意見交換をしました。

 「共産党を昔から応援してきました。比例で議席が増えたことは本当にうれしい」
 「若い人がブラック企業に勤めざるを得ない現状をなんとかしてほしい」
 「政党助成金は、企業献金をやめると言ってつくられたけれど、企業献金も両方もらっていておかしい」
 「私は長野県出身だけど、満蒙開拓団の悲惨な状況は聞いている。そんな時代に戻らないようにしたいわね」などなどおいしい手作りの芋きんとんを食べながら語り合いました。

  帰りには握手をしながら、温かい声をかけていただき、本当にありがとうございました。

 つどいの後、「天白川の堤防が低く改修されて心配」との声が寄せられていたので、野並支部の皆さんに現場を案内いただきました。

 愛知県の説明では、“川底を掘って低くして水位が高くならないようにしたので、大丈夫。堤防の山を広げて決壊しないようにしているから大丈夫”とのこと。

 しかし、「川底を掘ったから大丈夫と言われても、もうすでに砂がたまってきている」というのが住民の皆さんの声です。

 野並の地域は、東海豪雨の時に、甚大な被害があった地域です。

 住民の皆さんの心配の声はもっともで、私たちも改善を求めていきたいと思います!
 

 

 

 

原発ゼロを永遠に!アクション@関西電力東海支社前

 
 毎週金曜日の原発ゼロを永遠に!アクション@関西電力東海支社前に参加しました。

 しばらく参加して、急きょ、2500枚の印刷のために事務所にもどり、最後にぎりぎり間に合いました!

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)