もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・09・13】「4月からの消費税増税中止」での共同を名古屋商工会議所に申し入れ/敬老の日を前に訪問/原発ゼロ☆アクション

カテゴリー:

 
 9月13日、「4月からの消費税増税中止」の一点での共同を名古屋商工会議所に申し入れを行いました。

 「国際公約でもある財政再建のためにも消費税増税は必要なのでは?」とのお話もあったので、アピールの「1997年に消費税を2%、約5兆円増税したさいにも、消費税以外の税収は、増税後3年目には11・4兆円も減っています。『大不況』で税収が落ち込んだことに加え、『景気対策』として法人税・所得税を減税したためです。歳出でも、『景気対策』の名で大型開発のバラマキが行われました。これらの歳入減と歳出増によって、国と地方の長期債務残高は、増税後3年間で449兆円から600兆円へと拡大し、財政危機悪化を加速する結果となりました。」の部分をお話しました。
 こうした事実もお知らせしながら、消費税増税ストップの共同の輪を一層大きくしたいと思います。

 なお、東京オリンピックについては、建築関係の人材不足や資材高騰などが心配されると述べられました。

 お忙しい中、本当にありがとうございました!!

 
 その後、敬老の日を前に、長年党員としてがんばってこられた多田重則さん(80歳)をお尋ねし、岩中正巳愛知県委員長、加藤たき子さんとともに記念品を手渡し、懇談しました。

 参議院選挙で日本共産党が躍進したことについて、「いずれは”はいあがれる”と思っていた。参議院選挙での躍進は、本当にうれしい。こういう機会に遭遇できて本当によかった。これからが大事ですね」と、とても喜んでくださっていました。

 私たちも長年ご苦労された先輩と一緒に喜び合えることは、本当にうれしいことです!!

 いつまでもお元気でおられることを心から願うばかりです!!

 
 関西電力東海支社前に移動し、金曜日の原発ゼロ☆アクションに参加しました。

 西区の青木朋子さんや中川区の江上ひろゆきさん、八田ひろ子元参院議員も参加。

 「今日、初参加なの」とうれしそうに参加されている方もみえました。

 関西からも関西電力本社で原発ゼロ☆アクションをしている方々も冒頭参加されていました。
高校生の方も今日も元気にアピール!!

 東京オリンピック誘致の安倍首相の「汚染水はコントロールされている」との虚偽の発言に皆さん怒ってみえました。
 
 「オリンピックのおもてなし」「原発ゼロでおもてなし」「原発廃炉でおもてなし」「福島を思い出せ」「大飯原発もうすぐ止まる」「明後日原発ゼロになる」「止めた原発動かすな」などのコールも。
 また右翼の街宣車の妨害(どこからかお金が出ているのでしょうか?)もありましたが、元気にアピールしました!!

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)