もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・09・12】イマでしょ!日本共産党NO.12【ブラック企業根絶 featuring 須山はつみさん!!編】の収録/愛知県大学教職員・研究者日本共産党後援会の皆さんの「納涼政談会」

カテゴリー:

 
 イマでしょ!日本共産党NO.12【ブラック企業根絶 featuring 須山はつみさん!!編】の収録を終えました!!
 後日、動画をアップします!ぜひ観てくださいね!!

 
 9月12日、愛知県大学教職員・研究者日本共産党後援会の皆さんの「納涼政談会」に参加させていただき、30分ほど参議院選挙で感じたこと、今後の目標などお話をさせていただきました。

 大御所の先生方の参加などで緊張しましたが、優しい方ばかりで楽しい会となりました!!

 参加者の皆さんからは、つぎつぎと発言がありました。

 「イギリス、ロシア、アメリカ国民など国際世論が今のところシリアの攻撃を押しとどめている。そのことと日本共産党の躍進とは共通性があるのではないかと思っている」、「子どもが2人いると保育料が高いという子育てしている方々の声や、介護も要支援が保険の対象外などすごく悪くなる方向が打ち出されている。お年寄りも声を上げることは難しい方々がたくさんいる。福祉で働く人も精一杯で声を上げにくくなっている。そうした方々の声、福祉にぜひ光をあててほしい」、「水害対策については、誰がどこに逃げるのか、しっかりと自治体が方針をだしてほしい。」「福祉施設の方々の逃げる場所なども」、「元気がでる話でした」、「共産党が伸びれば、また攻撃も強まっていく。そうしたことも警戒しながら、躍進を本格的にするためにやっていかなければならない」、「大学でも給与がさげられ、有期雇用など非正規を使っており、大学の在り方についても、今、考えていかねばならない」、「東京のホームページから学んだ方がいい!」、「選挙中、ツイッターやフェイスブックなどで過労死するのではないかと心配していました。今日のお話を聞いて、もとむらさんの元気の秘訣がちょっとわかった気がしました。」

 皆さん、本当にありがとうございました!!今後も元気にがんばりますね。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)