もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・08・30】江南北部後援会「語る会」/豊田市女性後援会「今からが新しいスタート!躍進のつどい」/金曜原発ゼロ☆アクション@関西電力東海支社前

カテゴリー:

江南北部後援会「語る会」

 8月30日、森ケイ子江南市議のお地元の江南北部後援会の皆さんが主催された「語る会」に参加し、お話をさせていただきました。
 ある方は、「森ケイ子さんの活動に心をうたれ、尊敬している。誰か困っている人がいれば、とんでいく。森ケイ子さんは、芯から人のため、世のためにがんばっている。他の党はやっていないし、本当に普通ではできんこと。これからは、心から日本共産党を応援していきます」と言ってくださいました!!

 日頃の森ケイ子江南市議の頑張りが、まわりの住民の皆さんに評価されて、私までとてもうれしくなりました!!

 介護保険料を払っても実際に使えないとのお話もありました。これから、消費税の増税、年金の引き下げ、介護の改悪、医療費の負担も増やそうとしている中で、庶民が力を合わせて、この悪政を食い止めようという思いで一致しました。
 「とにかく共産党に大きくなってもらわないといかんね」との激励をいただきました。

 ブラック企業の問題で質問も出され、日本共産党の国会質問や参院選挙での躍進で、9月に4000社ほどの調査に入ること、9月1日の厚生労働省の電話相談などもあり、ブラックな働かせ方の告発をお願いしました。

 ある方は、家族が派遣で寮費など引かれて生活できない実態があると語ってくれました。
 外国人に日本語を教えている方からは、外国人にたいする暴力や法外に高い寮費など人権を無視した働かせ方が横行している問題を語られました。
 誰もが安心して差別されることなく働くことができるように、この厚生労働省のブラック企業対策を実のあるものにしていくために私たちも全力でがんばります!!
 しんぶん赤旗を読んでくださる方々も増えました。
 皆さん、本当にありがとうございました!!
 

※8月30日に行われた「語る会」の写真がないので、森ケイ子江南市議、東よしき江南市議と一緒に宣伝した2月2日の写真です。

豊田市女性後援会「今からが新しいスタート!躍進のつどい」

 
 豊田市に移動し、女性後援会の皆さんの「今からが新しいスタート!躍躍進のつどい」に参加し、お話をさせていただきました。

 コーヒーを飲みながら、手作りのケーキやゼリーもいただきながら交流。

 豊田市女性後援会では、参議院選挙で対話や支持拡大にがんばり、小集会も宣伝も楽しくを心がけて取り組んできたことが報告されました。
「参議院選挙で、一人一人が広げる人になれたことがうれしかった。」
「名鉄竹村駅に爆弾が落ちた時、別の電車に乗っていたので、偶然免れたが、のっていれば死んでいたかもしれない。戦争をなくしたいとがんばった。」
「いろんなところで、候補者本人に会ってもらうことが大事だと思った。」
「夫からいろいろ聞いている。今日はあえてうれしかった。」
「初めてお手紙を50通出した。初めて入れたという方もみえてうれしかった。」
「地域でつながって、みんなでやると力になる。」
「足助では、うちがかなりの票をお願いしました。前に若い人がキャラバンに来てくれて元気をもらった。」
「ネット上で、日本共産党への偏見の書き込みがあったら、お返事を書くようにしていた。」
「選挙中に集約係をやっていて、皆さんががんばって、支持が広がっているのがわかって、元気をもらった。」
「選挙中だけでなく、日ごろからハンドマイクなどの宣伝もやっていこう。」などなど元気にがんばる豊田市女性後援会の皆さんに元気をいただきました!!

 皆さん、本当にありがとうございました!!

金曜原発ゼロ☆アクション@関西電力東海支社前

 
 名古屋に移動し、金曜日恒例の関西電力東海支社前での原発ゼロ☆アクションに参加しました!!
「汚染水を海に流すな」、「原発事故は収束してない」、「原発を輸出するな」、「原発利権は即刻解体」などなど、元気にアピールしました。
大きな右翼団体の車が大音響でぐるぐるまわって妨害してきました。
誰が、この人たちを雇っているのか・・・。みんなでこうしたことを考えることもことの本質を見抜くうえで必要ですね。

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)