もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・06・09】名古屋駅前宣伝→平和行進→守山区後援会後援会総会→ドライバー交流会→ピースアクション→大須観音宣伝→金山総合駅宣伝→刈谷市で労働問題の学習会に参加しました

カテゴリー:

 
6月9日日曜日、午前8時から名古屋駅前で、梅村政年地区委員長と一緒に宣伝しました。どこからか「そうだ!」との合いの手が入りました。宣伝カーのスタッフの方が言ってくれたのかと思って聞くと、“僕じゃない”と。
また、見渡すと笑顔で聞いて下さる方がいらっしゃいました。「もう共産党しかない。がんばれ」とカンパもくださいました。朝から縁起がいい!

 つぎに名東区の一社駅から出発する平和行進に参加。青木篤司さんのお姿もありました。通し行進をされている方々のご挨拶、長年、核兵器をなくすために頑張られた故・遠藤泰生さんのおつれあいの幸子さんがご挨拶されました。亡くなられた被爆者の皆さんの分まで、二度と被爆者を作らないために頑張らなければ!!
 
 その後、大須演芸場に行き、守山区後援会後援会総会に、くれまつ順子前名古屋市議とともに参加しました。会場を入ると大きなタペストリー。皆さんのご要望がたくさん緑の葉っぱにたくさん書いてありました。新しい事務所(名古屋市中区上前津・山岸ビル)に貼らせてもらうことになりました!!

 午後の刈谷市での労働問題の学習会の資料の印刷・準備をし、憲法9条を守り、生かす「9の日」宣伝を行いました!自民党の改憲案の危険性を中心にお話し、参議院選挙で改憲派を3分の2以上にさせないために力を合わせましょうと訴えました。
 
 その後、「しんぶん赤旗」を毎日夜中に全国津々浦々配送してくださっているドライバーの皆さんの交流会に参加し、心からの感謝と参議院選挙の決意を表明させていただきました。
 
 続いて、あいち平和行進共同連絡会の皆さんが主催する「ピースアクション」&折鶴行進に被爆者の皆さんと一緒に参加しました。「生きているうちに核兵器のない世界を」と命をかけて核兵器をなくすため、被爆者の皆さんの援護のために頑張っている皆さんに敬意と感謝の気持ちでいっぱいになりました!!
 お世話になっている皆さん、脱原発仲間の皆さんともお会いし、うれしさ倍増でした。横江英樹岩倉市議、南区の高橋ゆうすけさん、西区の青木朋子さん、の姿もお見かけしました。高校生、大学生の皆さんのアピールもとてもよかったです。

 大須観音前でのキャラバン宣伝では、若い人たちが「がんばってください」と握手をしに来てくれました。金山総合駅近くの宣伝では、もう少し年上の皆さんが握手をしに来てくださいました。江上ひろゆき前名古屋市議、八田ひろ子元参院議員も参加しました。

 刈谷市に移動し、労働問題の学習会に参加。
 愛労連の吉良多喜夫事務局長が、「労働法制の規制緩和を許さず、労基法をいかしたたたかいを」と題するお話で意見交換。
 私は「人間らしく働くルールをつくろう!!-労働法制の抜本改正を」というテーマで、先進諸外国の例なども含めて資料をつかってお話をさせていただきました!!
 野村武文刈谷市議、新村健治刈谷市議、内藤とし子高浜市議、深谷恵子安城市議も参加され、東日本大震災の震災ボランティアで一緒になった女性はじめ若い皆さんも参加し、熱烈に応援してくださいました。
 また、母の教え子の方も参加。ちょうど母も刈谷市に来ていたので、何十年ぶりに再会することもできました!!

 今日も一日、皆様にお世話になり、本当にありがとうございました!!

 明日は、東京へ行き、政府交渉です。
 離島に住む皆さんの船賃援助、アベノミクスの影響で燃料代が高騰する漁業者への支援、UR住宅の定住支援、津波対策、大学はじめ高すぎる学費の負担軽減・無償化、障がいをもった子どもたちが通う特別支援学校の設置基準の策定、子どもたちの被ばくに関する健康診断の充実、原発再稼働中止、廃炉、原発事故による被害のシミュレーションの充実、再生可能エネルギー普及に関する施策の充実が主な中身です。明日も頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)