もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・05・28】女性後援会の皆さんと一緒に雨の中宣伝。

カテゴリー:

 
 女性の人権、人間の尊厳を踏みにじる日本維新の会、橋本大阪市長の発言に抗議しました。
 愛知県内でも、こうした発言をする政治家を二度と出さないために皆さんにしっかりとした判断基準をもっていただきたく、宣伝しました。

 27日に行われた外国特派員協会の記者会見でも、日本軍に性奴隷とされた被害女性にたいする謝罪はなかったと報道されています。
 国際的な人権団体であるアムネスティ・インターナショナルはじめ世界の68の人権団体から、橋下大阪市長の「慰安婦」制度は必要だった等の発言に対し、国際法に違反する重大な人権侵害を正当化するものとして強く抗議する共同声明も発表されています。
 
 一番の審判は、やっぱり参議院選挙で、主権者として日本維新の会に厳しい審判を下すことだと思います。それでこそ、国際的にも日本の良識を示せると思います。
 宣伝中に声をかけてくださった大阪出身の女性は、「本当に恥ずかしい。大阪の恥だ」としきりにおっしゃっていました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)