もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・05・27】名古屋市緑区鳴子町のカンテ建て替え計画に関し、住民の皆さん、テナントの皆さんへの説明を愛知県住宅供給公社に求める申し入れ

カテゴリー:

 
 5月27日、愛知県住宅供給公社を訪れ、名古屋市緑区鳴子町のカンテ建て替え計画に関し、住民の皆さん、テナントの皆さんへの説明と住民の皆さんの意見を聞くことを求める要請を緑区の さはしあこ名古屋市議とともに行いました。

 現在、新規に入居した方々は、「第一カンテ」は2020年3月末までの定期借家、「第二カンテ」は2021年3月末までの定期借家になっています。
また、「第3カンテ」「第4カンテ」は募集停止になっており、住民の皆さんから、「何も聞いていないけれど、建て替えになるのかしら」など不安の声があがっています。

こうした声を受けて、
1.現状の建替え計画を住民及び住民自治組織、テナントに説明を行うこと。
2.今後の取組み・計画には、住民及び住民自治組織、テナントを排除せず、十二分に意見が反映するようにすること。
を申し入れました。

 愛知県住宅供給公社の担当者は、「まだ具体的に決まっていないので説明できないのです。だいたいの案が煮詰まった段階で、説明させていただきます。住民の皆さんの意見をふまえて対応していきたいと思っています。銀行に融資してもらわないとできませんので、明言はできないが、過去の建て替えでは、高齢者用の間取りの設定や店舗も必要があれば、建て替えをさせていただいています。一方的に決めて、一方的に押し付けることはやりません。」と答えました。

 建て替えた時の家賃などは、どうなるのかについて、過去に行った呼続住宅の建て替え事業の新しい家賃の設定、建て替え減免の資料を後日もらうことになりました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)