もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・02・06】4月の名古屋市長選挙に出馬を決意された柴田たみおさんのお話

カテゴリー:

 
 4月の名古屋市長選挙に出馬を決意された柴田たみおさんのお話を聞いてきました!―子どもたちのことを一番に考えた市政に転換を、との思いに共感!!

 柴田さんは、原発ゼロのデモに3メートルの八郎くん人形をつれて参加されたり、学童保育の充実のためにいつもニコニコとがんばっていた印象がかなり強い方です。

 公立保育園の民営化や保育料の値上げ、守山市民病院の廃止・民営化で小児科をなくすことなど安心できる子育てに逆行する施策を行っている市政を変えるために、ぜひぜひがんばっていただきたいです。

 
【柴田たみおさんのプロフィール】 

◆2歳~11歳まで名古屋市南区柴田本通、元塩町に住む。ぜん息にかかり公害病認定患者となる。岐阜に転居後、大学生時代からは再び名古屋に居住。

◆大学在学中に「民族舞踊団おんぶ」、アマチュア劇団「人業(ひとわざ)劇団ひらき座」に所属。ひらき座での活動歴は26年になる。

◆昼夜多忙な助産師である妻と力を合わせ、家事や4人の子どもの子育てにも力を発揮。子育てのモットーは、ぜん息の闘病生活から学んだ「子どもに安心を与える育児」「友だちと仲良くなれる子に」

◆「青年の家をなくさないで」の運動や、保育園・学童保育に子どもを預ける父母として、保育園・学童保育の充実の運動にたずさわる。

◆子育て支援のNPOを設立し、小中学生対象に農業体験や環境教育などを行う。

◆地域の親子理科教育の自主活動に参加。

◆不登校の子どもたちの塾教師、パソコン販売店や総合広告代理店の情報部門にも勤務。

☆趣味☆
  演劇(音楽、演出) 作曲 楽器演奏(ギター、和太鼓、篠笛、韓国の太鼓チャンゴ、ケンガリなど、トランペット) 天体望遠鏡で星を見ること パソコン・インターネット全般
 
◆1965年2月19日生まれ、47歳
◆昭和区在住
◆家族 妻と二男二女 
◆職業・職歴
  自営業(Webデータベースシステム制作・サイト制作・メンテナンス等) 
 前愛知教育大学非常勤講師(情報教育)
 学習塾講師(中高生対象 理科・数学) パソコン出張サポート
パソコン教室インストラクター IT
 関連資格試験受験講座講師 など

◆出身校
 名古屋市立白水小学校、名古屋市立宝小学校、岐阜県立岐阜高校。
 国立名古屋大学理学部物理学科(専攻は宇宙物理学〈赤外線天文学〉)1989年卒業。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)