もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・07・03】高校生の生活に軍艦などが入り込んでいく異常な社会

カテゴリー:

 
 ツイッターで、つぶやいたら、高校3年生の方が、連絡をくださいました。

◆もとむら伸子 「また名古屋港に軍艦が来るそうです・・・。どうして平和な商業港に・・・。入港予定★★★7月10日(火)10:00~7月13日(金)8:00まで自衛隊艦船「せんだい」(呉所属)★★★明日、愛知県平和委員会の皆さんと名古屋港管理組合と自衛隊に抗議の申し入れをしてきます。」

☆高校3年生の方 「高校三年生だと自衛隊からおさそいの手紙が特別郵便で届くんですよ…『せんだい見に行こう!』『自衛隊入ろう!』って…」

◆もとむら伸子「本当に『せんだい見に行こう!』ってお手紙が届いたのですか?7月10日、名古屋港にくる「せんだい」ですか?」

☆高校3年生の方「うーん、、、防衛大学校とか海上自衛隊のおしらせパンフとともに「せんだい」の寄港のお知らせが同封されてましたね…昨日届いてすぐ捨てたんでうろ覚えですが…」

☆高校3年生の方「http://www.mod.go.jp/pco/aichi/top/240711sendai.pdf これです!これが届きました。『ぜひご来艦下さい』」と高校三年生に」【掲載している写真の資料です】

◆もとむら伸子「資料、どうもありがとうございます!これは問題ですね。愛知平和委員会の方にもすぐに連絡して、明日の交渉でただしたいと思います。」

 高校生の生活に軍艦などが入り込んでいく社会は異常です。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)