もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【12・06・09】労働組合での連帯のごあいさつ/愛知経済懇談会/大飯原発の再稼動ストップ!女性宣伝

カテゴリー:

労働組合定期大会での連帯のごあいさつ

 朝は、ある労働組合の定期大会で連帯のご挨拶をさせていただきました。

 原発ゼロ!大飯原発再稼動の問題、くらし、被災地、日本経済を壊す消費税増税ストップ!!、橋下・維新の会の教育予算カット、統制、管理、競争の教育ストップ!などお話しました。

 若い方々も多く、未来が感じられる大会でした!!

愛知経済懇談会

 
 日本共産党愛知県委員会主催の「愛知経済懇談会」で司会を務めさせていただきました。

 岩中正巳県委員長があいさつ、佐々木憲昭衆院議員が緊迫する終盤国会情勢を報告し、「提言」の内容を説明。河江明美比例予定候補が党県委員会がまとめた「愛知経済の内需拡大プラン大綱」案を紹介しました。

 佐々木衆院議員は、国会論戦にふれ、「政府が主張する『消費税増税は社会保障のため』は破綻した。増税反対の運動を強めよう」と訴えました。

 河江比例予定候補は、トヨタ自動車など大企業依存の愛知経済のゆきづまり状況を詳細に報告し、「県民と愛知経済に求められているのは、県内需要を喚起させる経済政策。県民の所得を増やし、家計応援、中小企業、農林漁業の発展を軸とした、バランスのとれた経済への転換が必要」と述べました。
 
 参加してくださったお医者さんからは、「消費税増税になると医療機器が買えなくなる。検査に使う医療機器が買えないと患者の命にかかわる。経済的な理由での診療抑制が増えるなか、『提言』にある医療の窓口負担軽減は大賛成」と発言。

 「ホームレス」支援をしている団体の運営委員をしている方からは、「最近の生活保護受給者への攻撃はひどい。生活保護は、最後のセーフティネットとして憲法に保障された権利。支援をしていて実感するのは、今の状態では、日本の将来が心配。正社員が当たり前の社会にしてほしい」と発言されました。

 こうした発言をはじめさまざまなご意見を伺いました。それぞれにたいして佐々木憲昭衆院議員がていねいに答えました。

女性後援会の皆さんと宣伝~愛知でも官邸前のように「再稼動はんたい」「原発いらない」「未来をつくろう」コール

 
 夕方には、河江明美比例予定候補、八田ひろ子元参院議員、女性後援会の皆さんと一緒に宣伝。

 官邸前のように「再稼動はんたい」「原発いらない」「子どもを守ろう」「未来をつくろう」コールで盛り上がりました。

 毎日でもやりたい気分です。

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)