もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・06・04】金山総合駅前で早朝宣伝~大飯原発の再稼動ストップ!消費税に頼らない別の道があります!と宣伝/行方不明の子どもたちの問題で「愛知民報」にコメントしました!

カテゴリー:

 
 6月4日、金山総合駅前で早朝宣伝を行いました。

 緊迫した情勢となっている大飯原発の再稼動ストップ!消費税に頼らない別の道があります!とニュースを配りながら宣伝。

 八田ひろ子元参院議員、岡田ゆき子名古屋市議と一緒です。

 「消費税増税は、いつあがるの?」

 「2014年4月に8%、2015年10月に10%にしようとしています。実施の前に衆議院選挙、参議院選挙もありますから、消費税増税ストップとがんばっている議員を送り出してください」と申し上げました。

 「よし、わかった!」と言ってくださいました。

 「がんばってよー」と手を振って応援してくださる方など元気をいただきました。

行方不明の子どもたちの問題で愛知民報にコメントしました!

 行方不明の小中学生の子どもたちの問題で愛知民報にコメントしました。

 字数に限りがあるため、十分コメントはできませんでしたが、6月10日号の「愛知民報」は、行方不明の小中学生の子どもたちの問題が一面トップの特集記事です。

 ぜひご覧下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆コメント(わかりやすくするため若干加筆しました)

 子どもの日、この数字にショックを受けました(愛知がワースト1の272人)。

 週明け月曜日、すぐに調査開始。

 愛知県及び教育委員会は、「なぜ子どもたちがいなくなったのか調査をしていない」と回答し、名古屋市教育委員会は、(1)入学後に突然一家でいなくなるケース(41人)―DV、借金などで逃げていたり、外国人の親と母国へ帰るケースなど、(2)入学する段階から行方不明のケース(197人)―学校だけで把握することは困難、と回答しました。
 岡崎市の2人は行方不明でないこと(岡崎市議団調査)、豊田市8人の内6人はインターナショナルスクールに通うか、海外におり、残り2名は行方不明(豊田市議団調査)と判明。

 国は、学校、児童相談所など省庁を超えて全容解明し、対策に真剣に取組むべきです。
 DVや虐待など暴力を許さず、働くルールをつくることや社会保障の充実などが必要です。
 6月下旬の政府交渉で対策を求める予定です。

手作りのバック

 
 名東区の方が、パッチワークの手作りのバックをくださいました(感涙)

 本当にありがとうございます!!大事に使わせていただきます。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)