もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【12・05・19】名古屋市中川区のスーパー前で宣伝、中川区で活動/日本共産党を応援する医療介護福祉ネットの皆さん主催の「ティーパーティー」/名古屋駅前で河江あけみ衆院比例予定候補、藤井ひろき愛知5区予定候補とまちかど演説会

カテゴリー:

名古屋市中川区のスーパー前で宣伝&活動

 
 5月19日、名古屋市中川区のスーパー前で、江上ひろゆき前名古屋市議や支部・後援会の皆さんとともに宣伝。

 「がんばってねー」とジュースの差し入れを届けてくださる方などいて元気をいただきました。

 そのあと、中川区内で活動させていただきました。 「消費税が増税されたら本当に困る」、「まちがいなく応援します。がんばってください」、「ずっと応援しているよ。つどいでウチを使っていいよ」などなど激励していただきました。

日本共産党を応援する医療介護福祉ネットの皆さん主催の「ティーパーティー」

 
  次にいったのは、日本共産党を応援する医療介護福祉ネットの皆さん主催の「ティーパーティー」です。

 医療や介護現場で働く皆さんの政治を変えたいという願いを一緒に考えようという企画です。

 私は、行方不明になっている小中学生が日本一の愛知の実態からみえる貧困問題、貧困をなくすためにも社会保障の充実と人間らしく働くルールをつくる必要性などをまずお話し、「消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言」を資料やパネルを使ってお話をさせていただきました。

 参加者の皆さんがお一人ずつ自己紹介や日ごろ感じていることなど話してくださいました。

●「介護職員は、腰を痛めたり、つらい業務で働き続けることができない状況もあります。病院に入って5年目ですが、同期の30数人のなかで半分くらいしか残っていない・・・。」

●「原発問題では、多くの皆さんとつながることができています。福島県の方も出たいという思いと、出て行くことができない現実と複雑な思いをしていると思う。原発事故にあわれた福島の方々とどう向き合っていったらいいか悩んでいます。」

●「医療や介護をよくしていくためには、日本共産党を大きくしなければいけないと思っています。夢を語っていきたい。

●「働いている病院が、お金がない人に目を向けることが弱くなっている。動けるようになったら病院に行くわと言って、お金がなくて動けないのに往診もお願いできない方々がいる。もっと大変な人たちに目を向けていきたい。」

●「小出先生の本を読むと、日本中が放射能汚染していると書かれている。それでも再稼動しようとしている民主党政権は一体どう受け止めているのか。日本のメディアは本当に異常で、与党を支えるようになっている。金の力、財界の思うとおりに報道している。」

●「医療の分野で働く仲間で、金山総合駅前での署名宣伝をしました。5年目の看護師が、いい仕事がしたいのにできない現状を声を詰まらせながら訴えました。一瞬、全体の動きがとまって、次々とみんなが署名をしてくれました。患者さんや利用者さんに正面から向いている人の声はなかなか届かない。橋下大阪市長、維新の会のような政治では、中身はよくならない。医療や介護の実態を可視化する運動が必要。国民生活がどんどん崩されていく。しっかりと政治を語っていくことが必要」

●雇用の問題が全然よくならない。駅前のショブ・ステーションは、どんどん場所が広くなっている。それだけ需要があるのだと思う。金山駅にもホームレスの方がいる。日本はそういう現状。国の低医療政策のあやまりをただしていきたい。平等に医療を受けれるはずなのに・・・」

●「日本共産党を広げる力をつけていきたい」

●「医療・介護の現場の可視化が必要。最近ショックを受けたのは、NHKでやっていた行方不明の小中学生が1000人以上いるとのニュース。実態を掌握しなければいけない。」

●「日本共産党が大きくならないといい世の中にならない。声をかけることは苦手ですが、伸びるように応援したい」

●「医療の現場の実態の伝え方を工夫したい。泊原発がとまり、老若男女、国民の要求が、だまくらかしにだまされなかった。運動すれば変えられると確信になった。」

●「重度の障がいをもったきょうだいがいるが、これまでのびのびやっていたのに、ベットに押し込められるようになってしまいました。投薬の間違いも発見。医療現場の倫理観もなくなっているように思える。もっと医師や看護師を増員することが必要」 などなど。

 「ティーパーティ」後、ある方が、メールを送ってくださいました。

 「もとむらさん、今日は本当に本当に感動しました。 私もよく泣いてしまう人なのですが『熱い涙』に今日は涙しました。 もとむらさんのような人間の痛みが分かる人に、 調査力を持ち改善につなげる力を持つ人に、 政治の舞台に立って 活躍して欲しい心より思いました。 ありがとうございました。」

  過分なお言葉に大変恐縮いたしますが、温かい皆様に応援していただき、私は本当に幸せものだと痛感します。

 そしてパワーもたくさんいただきました。

 医療や介護、福祉の現場の実態、現場の皆さんの叫びを国民の皆さんの共通認識にし、社会保障を本当によくしていきたいと強く思います。そのためにも早く政治を変えなくては!

 参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 

名古屋駅前で河江あけみ衆院比例予定候補、藤井ひろき愛知5区予定候補とまちかど演説会

 
 名古屋駅前に移動し、河江あけみ衆院比例予定候補、藤井ひろき愛知5区予定候補、八田ひろ子元参院議員と一緒にまちかど演説会で訴えました。   
 
 ずっと聞いていてくださる方や、手を振って応援してくださる若い方々、「がんばれよー」との声援に元気をいただきました。

 演説後は、駅前にいらっしゃる皆さんに、日本共産党の「消費税大増税ストップ!社会保障充実と財政危機打開の提言」のダイジェスト版を開きながらお話をしました。

 ふむふむと熱心に耳を傾けてくださる方、「そうなっているのか」という方などいらっしゃいました。

   皆さん、本当にありがとうございました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)