もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・04・07】瀬戸市の女性後援会の皆さんのつどい

カテゴリー:

 
 4月7日、瀬戸市の女性後援会の皆さんのつどいに参加し、お話をさせていただきました。

 「消費税大増税ストップ!社会保障充実と財政危機打開の提言」についてとともに、若者の未来を希望あるものにしていくためにはどうすればいいかなどもお話をさせていただきました。

 「消費税、年金のこと、よくわかったわ」、「知り合いの人が、米軍基地で働いていたの。水光熱費まで私たちの税金だから、水は出しっぱなし…。おかしいねーと話し合っていたのよ」、「原発事故で夫が変わった。原発でもうけている企業から献金をもらっている政党ではいかんわなあ。自分で考えるようにしないといかんなって」、「瀬戸市でも、減免制度などくらしを応援する制度紹介のチラシを配ってほしいわ。市民に知らせないと使えないわよね」、「孤独死が問題になっているけれど、自分が独り暮らしになってよくわかったわ。緊急時のときどうするか。瀬戸市には安心ネットワークっていうのがあるそうよ。これも知らせないと使えないわよねー」、「(衆院愛知7区予定候補)郷うこん修さんのお話も新鮮だったけれど、いろんな人にお話に来てもらえるといろいろ知ることができるからいいわー」、「やっぱり共産党の議席をふやさなくっちゃ。ご意見番としても必要よ」、「(以前の)ポスターの写真より若いじゃない。ポスターの写真ふけて見えるから撮り直したほうがいいよ」(笑)など、さまざまなご意見が出され、時間が足りないくらいでした。
 
 女性の集まりは、やっぱり楽しいですね。
 瀬戸市の皆さん、本当にありがとうございました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)