もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・03・17】消費税増税ストップ!全県一斉宣伝/尾張中部地区青年学生部主催の「消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言」学習会

カテゴリー:

消費税増税ストップ!全県一斉宣伝

 
 3月17日、消費税増税ストップ!全県一斉宣伝を行いました。

 八田ひろ子元参院議員や愛知県委員会の皆さんと一緒に名古屋の繁華街で日本共産党の「消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言」の内容を訴えました。

尾張中部地区青年学生部主催の「消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言」学習会

 春日井市に移動して、尾張中部地区青年学生部主催の「消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言」学習会でパネルや資料を使ってお話をさせていただきました。

 参加した青年からは「いっぱいお金をもっている人がやりたい放題で、庶民が犠牲になっていることがよくわかった」との声が出されました。また、「しんぶん赤旗の記者になりたい」という若い方もいらっしゃいました。

 伊藤けんじ春日井市議や伊藤ひろみ元春日井市議や後援会長まで参加してくださいました。
 伊藤けんじ春日井市議は、“国の株主優遇税制の延長の影響は、春日井市にもある。株主が減税される分は、春日井市の税収も減収になる。一方で、退職所得の課税強化と住民税の均等割の増税(春日井市の市民税500円、愛知県の県民税500円アップ)で大体減収分を穴埋めできることになる。春日井市への影響をみても金持ち優遇がよくわかる」と具体でよくわかるお話されました。

○「消費税があがったらやっていけない」という地域の八百屋さんの声

○トヨタ系企業の下請けとして親の代からがんばってきた中小企業がいよいよ倒産においこまれている実態

○冷暖房なし、生徒数の増加で教室もパーテーションで区切る劣悪な環境のもとにおかれている愛知県立養護学校の問題

○日本国憲法に反する思想調査まで行う橋本市長率いる維新の会の危険性と歴史の逆行。橋本大阪市長が大阪府知事の際にひどいことを言われ、それを反面教師に教員になろうという若者の姿

○「私は、僕は共産党員ですと名乗って若者に語っています。なんでも興味をもって聞いてくれますよ」という力強い声

○「社会保障と税の一体改革に怒りがわいた。怒りをもってがんばりたい」という声
などなど多彩な意見がだされ、とても有意義でした。

 尾張中部地区の皆さん、本当にありがとうございました。

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)