もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【11・12・19】2013年夏の参議院選挙―愛知選挙区で挑戦することを記者会見

カテゴリー:

 
 12月19日、愛知県庁の中になる県政記者クラブに行き、2013年夏の参議院選挙で愛知選挙区で再び挑戦させていただくことを表明する記者会見を行いました。

 衆院東海ブロック比例代表予定候補の佐々木憲昭衆院議員、かわえ明美さん、小選挙区の黒田二郎さん(愛知2区)、西田とし子さん(愛知4区)も記者会見しました。 

 
 私は、○東日本大震災の被災者の皆さんの生活再建をやり遂げること、○浜岡原発の廃炉はじめ原発ゼロの日本をめざすこと、○原発問題ではっきりした政治家と原発マネーに群がる大企業との癒着の問題を断ち切り、企業・団体から政治献金を受け取らず癒着のない日本共産党の議席が国会に必要なこと、○八ッ場ダムが建設されようとしているなかで愛知でも設楽ダムが国土交通省が検証主体の賛成派ばかりの再検証会議で過大な水需要も見直さないまま建設されようとしていると指摘し、設楽ダム建設を中止させるために引き続きがんばること、○働く人を守る派遣法の抜本改正や有期雇用契約、長時間労働を規制する労働基準法の抜本改正など働くルールをつくることなどをお話し、もうけが最優先の政治から一人ひとりの命が本当に大切にされる政治に変えていくために全力でがんばる決意を申し上げました。

 消費税の増税、年金、医療、介護、保育の改悪、TPP、若者の就職難、高学費など問題は山積しています。

 佐々木憲昭さん、井上さとしさん、かわえ明美さん、黒田二郎さん、西田とし子さん、支部や後援会の皆さんと一緒に情勢を切り拓くために全力を尽くします!

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)