もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【11・07・22】女性後援会の皆さんと原発からの撤退を求める署名と東日本被災者救援募金を呼びかけ

カテゴリー:

 
 7月22日、日本共産党愛知県女性後援会の皆さんと、名古屋市中区の繁華街で、原発からの撤退を求める署名と東日本被災者救援募金を呼びかけました。

 マイクをもった八田ひろ子元参院議員は「『安全神話』で国民をあざむき続けてきた歴代政府の責任はきわめて重大です。地震や津波の多い日本で原発を続けるべきではありません。政府は原発ゼロに向けたプログラムをつくるとともに、東海地震震源域の浜岡原発をただちに廃炉にすべきです」と訴えました。

 河江明美県常任委員は「日本の自然エネルギー技術は世界でもトップクラスです。政府が自然エネルギーの本格的導入を決断し、エネルギー浪費社会からの転換をすすめれば、原発に頼らない日本は十分実現できます」と強調。

 私は「現在の原発技術は本質的に未完成で大変危険なものです。放射性廃棄物の処理方法にいたっては見通しすらたっていません。子どもたちにつけを残さないために、“原発からの撤退”の一点で共同を大きく広げましょう」と呼びかけました。

 参加者は「浜岡原発は廃炉に」などと書かれたプラスターを手にもってアピールし、仕事帰りのサラリーマンらの注目を集めました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)