もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【11・07・23】浜岡原発を廃炉にしよう!静岡県での5000人集会に参加 

カテゴリー:

 
 浜岡原発廃炉の一点で力を合わせようと7月23日、「浜岡原発の永久停止・廃炉を求める静岡県大集会(ひまわり集会)」が静岡市の駿府公園で開かれ、若い皆さんと参加しました。

 愛知県からバスを連ねて約1000人が参加し、全体で約5000人が参加。

 集会のイメージフラワーのひまわりがいろんなところにあって、明るい雰囲気。

 集会のなかで私が一番印象に残ったのは、福島県の農民連事務局長の根本敬福さんの発言でした。

 「『私が将来結婚して、被ばくで子どもが産めなくなったら補償してくれるんですか』と東京電力の説明会で福社長にせまった、飯館村の15歳の高校生の気持ちが分かりますか。
 肉牛に生産者が加害者になってしまいました。東電は、肉牛の問題は行政の責任だ、さらに、損害賠償の立証責任は被害者にあるといいます。

 しかし、誰が事故を起こしたのか。誰が放射能で福島をけがしたのか。東電と国です。 東電と国を追いつめなければ、損害の補償も、原発をやめさせることもできません。

 まだ、原発事故は収集の見通しもたっていません。放射性物質の飛散はとまっていません。土壌や作物の汚染も続いていると思います。

 原発ゼロの運動は、日本そのものを変える運動です。原発による被災地、被災者を二度とうまないために私たちはたたかいます。」

 魂のこもったお話に涙がでそうになりました。

 この声に応えなければいけない、と思いました。

 
 また、愛知県内のお医者さんである板津慶幸さん(愛知県保険医協会副理事長)のお話も元気がでるお話でした。

 愛知県内の医師・歯科医師の皆さんは、浜岡原発の廃炉を求める方針を決め、賛同者は1105人にのぼっていると言います。命を守るお医者さんとして、愛知県内の多くのお医者さんが浜岡原発の廃炉に賛同してくださっていることに勇気づけられます。

 集会には自治体関係者の賛同が相次ぎました。来賓として参加した三上元(はじめ)・湖西市長のほかに、清水泰・焼津市長がメッセージを寄せ、若林洋平・御殿場市長、大橋俊二・裾野市長が賛同しました。杉山羌央(たけお)・伊豆市議会議長、勝又嶋夫・御殿場市議会議長も賛同しています。

 6人の集会よびかけ人を代表して林克・静岡県労働組合評議会議長が「福島原発の悲惨な事故は人ごとではない。浜岡原発で事故が起きれば、静岡はもとより首都圏にも被害が及ぶ。集会を成功させ、原発廃炉に向けた太く強い世論をつくろう」と訴えました。

 来賓あいさつした日本共産党の志位和夫委員長は、浜岡原発について、「三つの大問題」を指摘。それは (1)想定される東海地震の震源域の真上にある、(2)「想定地震はマグニチュード(M)8・4」は成り立たなくなった、(3)浜岡原発は出力日本一の超巨大原発―の3点です。志位さんは、「原発を造ったこと自体が間違いだった。原発ゼロの声を静岡から世界へ広げよう」と呼びかけました。
 
 三上湖西市長は「世論が二つに分かれたときが、政治家の出番です。浜岡原発は直下型地震の襲う所にある。廃炉にしろと声を大にして叫びましょう」と力強く訴えました。
日本共産党の佐々木憲昭衆院議員、井上哲士参院議員が集会に参加していることが紹介されました。

 集会では▽浜岡原発廃炉を求める「会」を無数につくる▽署名を広げる―などを確認した集会宣言を採択。

 
 集会後、「いらない、いらない、浜岡原発」など言いながら3コースでパレードしました。パレードで歩くのは初めてという若い人も少なくありませんでした。

 近くの病院に通う方が「がんばってー!」と言ってくださったり、体全体で○と合図をしてくださる方、車から手をふってくださる方々、バイクに乗っている方も「浜岡原発はいらない。本当にそうだよ」と言ってくださいました。

 静岡県民の皆さんとも力を合わせて、世論を大きくし廃炉に追い込みたいと思います。
 

 
                                                                                                                        

浜岡原発・PR館―今となっては、ウソだと明らかになった「安全神話」をそのまま展示

 
 パレード終了後、バスに乗り込み、御前崎市にある浜岡原発のPR館にみんなでいきました。

 海岸にものすごく近い浜岡原発。周りには、人の住む街もありました。
 あの中に、人の命を奪う放射性物質が膨大にある、と思うと本当に恐ろしいと思いました。
 このまま静岡県民の皆さんに原発の危険性を押し付けて過ごすのはいやです。

 浜岡原発を廃炉にするために愛知県内でもがんばりたいと強く思いました。

 

 

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)