もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
環境

【11・06・08】瑞穂区後援会の皆さんと設楽ダム建設予定地にバスツアー

カテゴリー:

 

 
 6月8日、瑞穂区後援会の皆さんと設楽ダム建設予定地にバスツアーに行きました。
 
 2月の県知事選挙に出られた どい敏彦さんも一緒です。みんなで和気あいあい歌もうたって楽しいツアーとなりました。

 帰りにみんなで歌った「ふるさと」の歌詞が心にしみます。

 「山はあおきふるさと 水は清き ふるさと」

 設楽の自然をそのまま残したいと心から今日も思いました。

 バスのなかで、私は、目的がことごと崩れている異常な設楽ダム計画の問題点、環境影響、名ばかり「再検証」会議、政治家と受注企業の癒着の構図、役人の受注企業への天下りなどお話しました。

 豊川の河口にある六条潟のビデオをみながらの学習もしました。

 設楽ダム建設予定地では、高橋恒次元町会議員が現地の状況をお話してくださいました。

 田中くにとし町議も駆けつけ、皆さんにあいさつされました。

 地元でがんばっているお二人が、お忙しいところ駆けつけてくださり、本当にありがたく思いました。

 
 

 途中には、水没する集落、ネコギギ移植実験場、立木トラストの森、田峯観音、アグリステーション名倉、稲武・どんぐりの里などにも立ち寄りました。

 参加された皆さんは、帰りに「本当に美しい流れ、緑。こんなところにダムを絶対につくらせてはいけないと思った」、「来てよかった」、「立木トラストの場所も確認できてよかった。自分の木もあそこにあるんだと実感することができた」、「あちこち説明してもらえてよかった」、「引き続き後援会の企画楽しみにしています」などなど感想を語ってくださいました。

 瑞穂後援会の発展を予感させる旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)