もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【10・12・29】名古屋駅前の西柳公園で「ホームレス」の方々など支援する越冬活動に敬意と感謝を申し上げました

カテゴリー:

 
 12月28日、八田ひろ子元参院議員と一緒に、「ホームレス」の方々を支援する名古屋駅前の西柳公園に設置された越冬会場を訪れました。

 笹島日雇労働組合、笹島診療所、ボランティア団体などの第36回名古屋越冬実行委員会が、官庁が閉まる28日夜から1月4日まで、炊き出し、生活健康相談、散髪、夜回りで野宿者の安否確認などに取り組んでいます。

 愛知農民連と農家の人たちから託された米と野菜、党員・支持者から寄せられた衣類などを会場に運び、激励しました。

 愛知県労働組合総連合(愛労連)は組合員から寄せられたカンパと米250kgを届けました。
 
 革新県政の会のどい敏彦さんも激励にかけつけました。

 集会で私は、長年、越冬活動に取り組んで見える皆様に心からの感謝と敬意を申し上げ、「働く皆さんは、使い捨てられ、賃金も買い叩かれています。しかし、大企業はリーマンショック以降の1年間で11兆円も内部留保を溜め込んでいます。富が大企業に集中しています。これを是正し、本当に人間の尊厳を守る社会にしていくために全力でがんばります」とお話をさせていただきました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)