もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【10・05・13】港区の知多交差点で早朝宣伝/天白区で生活相談/春日井市で訪問・宣伝・懇談/法律事務所後援会の皆さんと「スペシャル・トーク集会」

カテゴリー:

港区の知多交差点で早朝宣伝/天白区で生活相談

 
 5月13日、港区の知多交差点で、八田ひろ子元参院議員、山口きよあき名古屋市議、支部の方と早朝宣伝を行いました。車から手を振ってくださる方など応援していただきました。

 すぐに天白区に移動し、生活相談をしました。

春日井市で訪問・宣伝・懇談

 
 春日井市に移動し、八田ひろ子元参院議員、柳沢けさ美地区副委員長と一緒に、6月4日(金)19:00~春日井市民会館で行われる市田忠義書記局長を迎えての「日本共産党演説会」のご案内をもって、各種団体の皆さんを訪問させていただきました。

 

 宮地隆春日井市議と合流し、街頭宣伝もさせていただきました。
 

特養ホーム、ケアハウスを運営している社会福祉法人を訪問

 
 内藤富江春日井市議とも合流し、特別養護老人ホームやケアハウスを運営している社会福祉法人に訪問もさせていただきました。

 同施設では、個室の部屋になっていますが、多床型より人が1.5倍必要で、人件費などの費用がかかるにもかかわらず、介護報酬では、それが評価されていない問題が指摘されました。
 個室のユニット式でやっている施設は、どこでも経営が大変で、吸収合併されるケースも少なくない状況になっているそうです。「もうけようというわけではなく、吸収合併されないで、独自にやっていけるようにしてほしい」との要望も出されました。
 
 また、介護の職場にはさまざまな職員がいて、チームで介護を行っているのだから、介護職員だけでなく全ての職員の処遇を改善していくことが必要だ、とのお話がありました。

 特別養護老人ホームには200人の待機者がいることも教えていただきました。

 介護基盤の整備・充実、介護職員の待遇改善は急務です。予算を増やすためにがんばりたいと思います。

 
                                                                                      

法律事務所内の後援会の皆さんと「スペシャル・トーク集会」

 
 法律事務所内の後援会の皆さんと「スペシャル・トーク集会」で交流しました。中村区の市会予定候補の藤井博樹さんもお話をしました。

 後援会会長の尾崎夏樹弁護士が開会あいさつし、塚本正さんが行動提起、松本篤周弁護士が閉会のあいさつをされました。

 皆さんは、法律を使って人権を守る活動をしていますが、「法律そのものが悪ければ、どうにもならない」というお話もありました。

 「なぜ日本共産党に入ったのか」、「なぜ秘書になったのか」、「日本共産党は政権をとるつもりがあるのか」などなど質問が出されました。

 今度はじめて選挙に行くという若い方もみえました。

 法律事務所の日々の活動のなかで、実感している国政の問題点などもっともっと私の方がお伺いしたかったのですが、時間になってしましました。楽しく交流ができてうれしかったです。

《ご案内》

日本共産党を応援する愛知県弁護士の会主催、愛知県日本共産党大学教職員研究者後援会共催  

講演会「日本経済の発展のために―今求められる中小企業政策とは―」

○6月7日(月) 18:30~
○名古屋国際センター4階 第三研修室(地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ)
○講師 井内尚樹氏
○参加費 500円程度の会場カンパをお願いします。
 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)