もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【10・03・22】千種区後援会総会で皆さんにごあいさつ/港区当地地域でまちかど演説会/当地支部の方と後援会員の皆さんを訪問

カテゴリー:

千種区後援会総会

 
 3月22日、朝は、大須演芸場で行われた「千種区後援会総会」に参加。日ごろのご支援に感謝をし、ごあいさつをさせていただきました。黒田二郎前名古屋市議ももちろん参加していました。
 千種区後援会会長の松本篤周弁護士は、“おもしろい挨拶を”という要望に応えて、みんなが笑顔になるユニークなごあいさつをされました。おひねりもありました。大変重責を担ってみえる先生なのに、とても気さくな方だと感心しました。そんな先生に日本共産党を応援していただけてうれしいです。
 
 足立秀夫席亭にごあいさつをさせていただきました。各地の後援会の行事でいつも大須演芸場をお借りして楽しませていただいています。
 
 後援会の皆さんと一緒に演芸を楽しみたかったのですが、すぐに移動しなければならず、残念です。後ろ髪ひかれながら、演芸場をあとにしました。

 
                                                                                                       

港区当知地域で活動

 
 港区の県営当知住宅前で、「まちかど演説会」。山口清明名古屋市議、かのう美恵子さん、支部の方、民青の方も参加をしてくださいました。

 子どもたちが、たくさん集まってきました。

「がんばってね」と握手をしてくださった女性の手がとても温かかったです。通りがかった女性も「がんばってね」と声をかけてくださいました。

 子どもたちとも握手をすると、「今度から当知小学校に行くんだよ。先生どんな人かな」、「私のランドセルは赤だよ」などいろいろと報告してくれました。子どもたちには、本当に癒されますね。どの子も健やかにのびのびと育ってほしいと切に願います。
 
 山口清明名古屋市議、当知支部の方、民青の方と一緒に後援会員の皆さんなどを訪問させていただきました。
 「民主党は、後期高齢者医療制度は廃止するって言ってなかった?へえ、先送りするの。それも怒れるけど、3ヵ月で入院患者を追い出すことはやめてほしい。うちのおばあさんがそうなのよ」との声や、「参議院選挙、がんばってね」など声をかけていただきました。 
 当知支部では、3月にすでに4人日本共産党に入ってくださった方がみえるそうです。元気な支部長のKさんの笑顔がとても素敵で、たのもしかったです。

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)