もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【09・11・27】JAあいち知多組合長と懇談

カテゴリー:

 
 11月27日、あいち知多農業協同組合(愛知県常滑市)を訪問し、持続可能な農業などについて平野重良組合長と懇談させていただきました。
 党知多地区の広瀬勇吉副委員長(東浦町議)、常滑市の佐々木志津江議員、農業委員で東浦町の平林良一議員と一緒に伺いました。

 最初に広瀬勇吉議員が、懇談に謝意をのべ、「知多地域で党と農協との共同を発展させたい」とあいさつしました。
 
 私は、JA全国大会での志位和夫委員長のあいさつを契機に、党と農業関係者との交流が各地ですすんでいると紹介し、「再生産が可能な農業収入のために、価格保障・所得補償を実現したい。そうしなければ後継者も生まれない」と申し上げました。
 
 平野組合長は「ヨーロッパのように家族が生活できる保障が必要だ。大規模営農で高収益なら後継者はつくれるが、兼業農家の多くが人件費もでずに、サラリーマン収入などに頼っている。高齢で、耕作放棄地が増えていく」と話されました。
 
 私は、「自国の食料は自国で生産するのが基本。民主党は日米FTA(自由貿易協定)促進するかのような公約しているが、これを許さないために全力をあげたい」と申し上げました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)