もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・02・16】女性後援会の皆さんと消費税増税ストップ!原発ゼロ!!宣伝/経済団体・中小企業関連団体に申し入れ

カテゴリー:

女性後援会の皆さんと消費税増税ストップ!原発ゼロ!!宣伝

 
 2月16日、女性後援会の皆さんと消費税増税ストップ!原発ゼロ!!宣伝を行いました。

 原山恵子女性後援会代表世話人、八田ひろ子元参院議員、岡田ゆき子名古屋市議とともに訴えました。

 宣伝をしていると、消費税をなくす会の大島りょうまんさんが、偶然、通りがかり、声をかけさせていただきました。
 演説をお願いすると快く引き受けてくださいました。

 
 「日本共産党にはがんばってもらわないといかん。あんたが予定候補かね。がんばれよー。そういえば、昔、しんぶんとっていたよ。そうだ、しんぶんをとることにするよ」と言って下さり、しんぶん赤旗を読んでくださることになりました。
 
 消費税増税ストップ!原発ゼロ署名も皆さんにご協力いただきました。
 
 皆さんの温かいお励ましで一層元気になりました。

 

経済団体・中小企業関連の団体に申し入れ

 
 3月3日に行われる予定の「『社会保障と税の一体改革』を考えるシンポジウム」のご案内(下記参照)と「消費税大増税ストップ!社会保障充実、財政危機打開の提言」をもって愛知県内の経済団体・中小企業関連の団体に申し入れにいきました。

 

 
 「社会保障がよくなれば、みんなが安心してお買い物にもいけますね。消費税があがると大きな影響がある。97年3%から5%になったときも非常に影響があった。消費税が上がったら価格に付加できなかったり、申告でも負担がかかる」との声。

 富の集中について、「ねむっているお金が多すぎますね」という声。

 地元の中小企業の皆さんの仕事をつくるために一生懸命やっている様子もお聞かせくださいました。
 
 一部の集中している富を働く人や中小企業に還元すれば、さまざま問題解決することが多いのに・・・。大企業に遠慮してそれをやることができない政治は、本当に情けないです。

ぜひお越し下さい!「『社会保障と税の一体改革』を考えるシンポジウム」

とき:3月3日(土)13:30~16:30

場所:名古屋国際会議場2号館211号室

パネリスト:
 富田偉津男さん(税理士)
 太田 義郎さん(愛商連会長)
 久保田武さん(愛知県民医連事務局長)
 佐々木憲昭衆議院議員

司会:西田とし子愛知4区予定候補

主催:日本共産党愛知県委員会

 

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)