もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

平和憲法9条の大切さを超党派でアピールしました

カテゴリー:

 
名古屋市の八事交差点で、「みんなが主人公の政治をつくる市民アクション@愛知3区」の皆様と平和憲法9条の大切さを超党派でアピールしました。
約70人の皆様の参加。
道ゆく人がニュースを受け取ってくれたり、手をふって応援してくれたり、励まされました❣️
皆様、本当にありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
 
その後、革新・名古屋北の会の皆様の総会の前にお話しました。
名古屋市北区を含む愛知1区の自民党衆議院議員が、自民党安全保障調査会の一員として先頭に立って、
「弾道ミサイル攻撃を含むわが国への武力攻撃に対する反撃能力を保有」し、「対象範囲は、相手国のミサイル基地に限定されるものではなく、指揮統制機能等も含む」と主張し、「NATO(北大西洋条約機構)諸国の国防予算の対GDP(国内総生産)比目標(2%以上)も念頭に…5年以内に防衛力を抜本的に強化するために必要な予算水準の達成を目指す」と政府に実現を迫っている問題を指摘。
参議院選挙で、憲法壊す政治に厳しい審判を下そうと強調しました。
日本共産党が消費税減税・インボイス中止法案を提出したことを歓迎する声や、年金の引き下げやめさせる訴えや、平和外交への強い思いなど質問が出され、意見交換もしました。
平和憲法を守り生かし、安心して暮らせる地域をつくるために努力され、市民+野党の共闘を進めるために大奮闘されている皆様に心から敬意の思いでお話しました。
皆様、本当にありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
 
その後は、日本共産党を支援する愛知医師・歯科医師の会の皆様のつどいに参加。
会場いっぱいで熱気を感じる会でした❣️
医師である土井後援会会長は、「物価高騰から生活を守る」「憲法9条いかす平和外交を。」をテーマにした日本共産党の新しいニュースはいい❣️と住んでいる地域でたくさん配布してくださっていることなどお話いただき、非常に励まされました。
参加者の方々から色々なご意見、決意表明がなされました。
🔶戦争する国づくりなど日本が危険な方向に向かおうとしている危機感の中、「流れを変える決意だ」
🔶「憲法を変えれば、徴兵制ということになってしまう。そのことを問うていきたい」
🔶三重県伊勢市の町内会で作った9条の碑をみてきた。戦死された方が20代の方が多い。戦争の結果がどういうものなのか、グッズも作って訴えていきたい。
🔶平和の大切さが伝わりやすくなっている。あと3年間国政選挙がない。駅前でも連日訴え、高校生からも反応がある。
🔶日本共産党が訴える東アジアサミット強化の平和外交は、脅威をなくす根治療法。多くの人に伝わるようにさまざま工夫している。
🔶今、多くの政党が軍拡に賛成するか、黙っている中で、歯止めとなるのは日本共産党の躍進。
など。
 
参加してくださった若い方が、「みんなの幸せのために頑張る日本共産党を伸ばしたい」と党の仲間になる決意をしてくださいました✨✨✨
とても励まされる総会でした。
皆様、本当にありがとうございました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)