もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

11月20日、21日は、愛知県内各地で活動しました

カテゴリー:

 

 11月20日、21日は、愛知県内各地で活動し、入党してくださる方々や読者になっていただける方々など私が元気をいただきました!
 伺ったのは、安城市→刈谷市→名古屋市昭和区→熱田区→名古屋市港区→大治町です。

 安城市では、森下さちこ安城市議とともにつどいに参加!
 土曜日の朝9時30分から皆様が参加してくださり、びっくり!!!
 後援会長が、戦争体験に基づく平和憲法への思いを語ってくださり、ますます気合を入れて平和憲法を守る決意をしました。
 野党共闘への質問や宣伝への工夫、大企業にお勤めの方々へ日本共産党の誤解を解くことなど皆様から次々と総選挙を踏まえたお話があり有意義な意見交換ができました。すぐに移動しなければなりませんでしたが、安城市の皆様、本当にありがとうございました!!

 刈谷市に移動し、山本シモ子刈谷市議と女性のミニつどいに参加!
 総選挙でもさまざま参加してくださった方が、ご苦労がありながらも温かな周りの女性の皆様の中で「今、一番幸せ」と笑顔で言われ、「今日は、日本共産党へのお誘いだと思ってきました。少しでも力になれば」と党の仲間になってくださる決意を語ってくださいました。本当に嬉しかったです!!!刈谷の皆様、本当にありがとうございました!!!

 
 名古屋市昭和区では、柴田たみお前名古屋市議と「衆院選ごくろうさん&参院選がんばろう会」に参加!
 多くの皆様に愛されていたDさんが亡くなる直前まで総選挙勝利・当選を願っていてくださったことを娘さんが話してくださり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。コロナでお会いできなくて本当に悔しい思いです。利発で可愛らしいDさん、本当に本当にありがとうございました!!!
 総選挙の結果についてさまざまなご質問やご意見も出されました。改憲を絶対に阻止するために参議院選挙で、改憲勢力3分の2を必ず阻止していきたいとの決意の声もあり、非常に心強かったです。すぐに移動しなければなりませんでしたが、昭和区の皆様、本当にありがとうございました!!

 名古屋市熱田区では、西田とし子地区委員長とミニつどいに参加!
「 自民党に対してちゃんとものをいう党がいるよね」との声や親戚の若い人も改憲はダメだと言ってくれるとのお話、児童手当の支給月数を全ての子どもに平等にしてほしいとの声、食品添加物の問題、原発の問題、経済界の声ばかり聞く自民党政治の問題点、財政問題などなど話は尽きませんでした。本当にご近所の皆様が集まってくださるアットホームなつどいで、国会が身近になれば嬉しいです。またやっていこうと話されていました!熱田区の皆様、本当にありがとうございました!!

 名古屋市港区では、高木支部の皆様と地域を回りました。支部の方が、障がいがある子どもさんの親なき後のことを考えながら、障がいがある方々が安心して暮らせるように、障がい福祉の職員の体制も強化させるためにも、政治を良くしようとずっと頑張っておられ、本当にすごいなといつも思います。地域では、「声がかかったから日本共産党と入れました!」「応援しているから頑張ってよ」と言ってくださる方々、「しんぶん赤旗」を読んでくださる方々など温かく本当にありがたかったです。港区の皆様、本当にありがとうございました!!

 大治町では、吉原つねお大治町議とともにミニつどいに参加!日本共産党は、中国共産党とは全く別の党で、人権侵害や領海侵犯などについて国際法に基づきしっかりと批判していることなども理解していただけました。同時に軍事対軍事では何も解決せず、泥沼化するだけであり、粘り強い外交努力、北東アジア平安協力構想など重層的な平和の枠組みをつくっていくことなどもお話しました。
 さまざま生活相談に頑張っている吉原町議を信頼して、党の仲間になってくださる方も!!
 また、「日本共産党に入りたい人がいる!」と紹介してくださる方もおられました。ミニつどいは、お一人お一人からお話がいろいろ伺えるので、私はとても好きです。大治町の皆様、本当にありがとうございました!!

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)