もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

小池晃書記局長を迎えて名古屋駅前での街頭演説!!!

カテゴリー:

 小池さんは愛知・名古屋駅前での街頭演説で、「比例東海は、2議席目をめぐり当落線上の大接戦。総力を挙げて『比例は共産党』と支持を広げ、何としても2議席を奪還し、3議席に挑戦を。愛知県の隅々に支持を広げてください」と呼びかけ、もとむら伸子、しまづ幸広、長内史子3比例候補の必勝を訴えました。
 小池さんは、気候危機に対して自民党があまりに危機感を欠いていると批判。「愛知県は温暖化ガスの排出量で全国1位であり、国内最大の石炭火力発電所がある」と述べるとともに、リニア中央新幹線の問題も指摘。「新幹線の4倍の電力を使い、環境を壊す山岳トンネルも大問題。トンネル崩落事故も起きた。リニア中央新幹線は、中止の決断を」と訴えました。
 また、「史上最悪の環境破壊を起こした原発を環境のためだと言って推進することは許されない。浜岡原発は廃炉にしよう」と強調。共産党の躍進で、地球と若者の未来を守る政治に転換しようと力を込めると、聴衆は大きな拍手で応えました。
 小池さんは、もとむら候補について「父親が長崎で被爆された被爆2世として平和にかける情熱は人一倍。国会の憲法審査会委員として9条守れと論戦の先頭に立ってきた。比例東海唯一の女性議員として性暴力の根絶、男女の賃金格差をなくせと訴え続けてきた。今度も必ず」と述べ、しまづ、長内両候補の必勝も呼びかけました。
 私は「政治で救えるいのちを守ろう。ジェンダー平等の政治をつくろう」と強調。
しまづ候補は「共産党の躍進で、最低賃金は全国一律1500円以上を」と表明し、
長内候補は「若者の未来に責任を持つ日本共産党の躍進を」と訴えました。
© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)