もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県青年後援会 「2021年総選挙 若者キックオフ集会」に 長内史子比例予定候補と参加しました

カテゴリー:

 

 

 3月14日、愛知県の青年後援会の皆様の「2021年総選挙 若者キックオフ集会」に長内史子比例予定候補と参加しました!
 リレートークでも、総選挙で日本共産党を大きくして、比例で若者・女性の代表である長内史子さんを国会に送り出したい!東海ブロックで3議席になれば、政権交代にもつながっていく、との応援もありました。
 保育士の方からは、子どもたちを緊張の中で保育しているけれど、国や名古屋市には何かやってくれたのだろうか、命を守るためにも日本共産党を応援したい、とのお話がありました。
 実態アンケートなどに取り組んでいるが、アルバイトの収入が激減し、学費が払えない、大学を辞めようかなどの深刻な実態があること、総選挙で日本共産党を大きくして、学生、青年の声が届く国会へ変えていきたいとのお話もありました。
 子どもさんと一緒のママからは、「日本国内で困っている人がいるのに、どうしてそちらに予算を振り向けないで、アメリカ軍への思いやり予算を出すのか、憤りを感じます。困った人に優しい政治は本当に求められている」と語ってくれました。

 集会の後、初めて参加してくださった方と古川大暁さんと一緒にお話しました。
 集会は、栄で長内さんが宣伝していたので、声をかけてくださったことがきっかけで参加してくれたそうです。
 政治のことに関心があり、周りの方に政治のこと、問題意識を語っても噛み合わず、一緒に共有できる仲間がほしいと思っていたそうです。民青同盟の呼びかけを読み合わせして、感想を伺うと違和感はないとのこと。衣食住が満たされる政治を切望し、ジェンダー平等も遅れている日本を変えたいとの熱い思いを持って、日本共産党を応援してくださっていることに本当に励まされました。民青同盟にすぐに加盟してくれました。
 2021年総選挙で、若者を追いつめている政治を変えたいという思いを共有する集会となりました。
 企画・準備してくださった皆様、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!!!
 愛知県後援会長の榑松佐一さんが、名古屋出入国在留管理局で亡くなられたスリランカの女性のことをはじめ外国人の方々と面会されてきた支援団体の方の資料をわざわざ会場にきてくださり持ってきてくださいました。深く感謝いたします!!!

© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)