もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県豊橋市でキャラバン宣伝を行いました!!

カテゴリー:

 

 愛知県豊橋市でキャラバン宣伝6か所などしました。
 斉藤ひろむ市議、鈴木みさこ市議、中西みつえ市議、しもおく奈歩前県議とご一緒でした。

 豊橋駅前やスーパーや産直店の前などで政策と「困った時は日本共産党を思い出してください」とお話しました。
 豊橋市は、11月に日本共産党も自主支援した新しい市長、浅井よしたか豊橋市長が誕生した中核市です。
 中西みつえ市議から、日本共産党市議団が求めてきた学校給食の無償化については、新しい市長さんも公約し前向きな変化があるなかで、自民党系会派が反対するかもしれないので、署名を集めて市民の声で必ず実現しようとの呼びかけがありました。

 鈴木みさこ豊橋市議は、ユニチカに豊橋市民の皆様の土地を無償譲渡した問題を一番最初に質問し問題にしてきた方です。この問題は、住民の皆様が訴えた裁判で最高裁で勝利し、ユニチカに26億円返金させました。無償譲渡を進めた前の市長が審判を受け、新しい市長が誕生した変化をお話されました。

 斉藤ひろむ豊橋市議は、前から取り組んできた同性のカップルを婚姻と同じようにパートナーシップ制度の導入に向けて、新しい市長のもとで前向きに動きだしていることを紹介し、市民の皆様の声で政治が変わっている希望を語り、誰もが生きやすい地域にしていく決意を表明しました。

 しもおく奈歩前愛知県議は、宣伝カーのアナウンサーと司会をしてくれました。

 商店街を訪問させていただいたときは、新型コロナ禍のなかで、営業もくらしも大変になっていることなど伺いました。新型コロナで売り上げが減少した場合に使える持続化給付金のこと(※)、固定資産税の減免制度(※※)のことなど活用してほしいとご紹介もしました。
 「しんぶん赤旗」を読んでくださる方も増えました。
 駆けつけてくださった方々や手を振って応援してくださる方々や「頑張れよー。共産党好きだよ」と声をかけてくれる通りがかりの人などとても励まされました。
 豊橋の皆様、本当にありがとうございました!!!

(※)持続化給付金については、2020年12月までを対象としており、申請期限は2021年1月15日までです。
 日本共産党は、事業継続のために第二弾の持続化給付金を行うべきだと要求しています。
(※※)固定資産税の減免制度については、私も質問で求めて、固定資産税を減免した自治体にたいし国の補填のための交付金をつくらせることができましたが、まだ土地の部分が実現していません。土地も含んでやるべきです!

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)