もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

森下俊三NHK経営委員長の義務違反究明を求める請願書が提出されました!

カテゴリー:

 

 かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK番組をめぐる森下俊三経営委員長の対応について、違法行為の有無の究明を求める請願書が10月26日、衆院に2237人、参院に2251人の連名でそれぞれ提出されました。
 提出したのは研究者やジャーナリスト、各地の視聴者団体の代表など39人でつくる請願世話人会の皆様。
 請願事項は、森下氏を国会に招き、NHKの番組制作に対する干渉など放送法違反行為がなかったのかの究明と、森下氏を罷免するよう菅義偉首相に意見を提出すること―の2点です。

 提出にあたり、院内集会が開かれ、世話人の皆様が発言。
 岩崎貞明さん(『放送レポート』編集長)は「経営委員会は(外部の圧力の)防波堤にならないといけない。それが言論の自由を守ることだ」と強調。
 元NHKチーフプロデューサーの長井暁さんは、郵政グループからの圧力を退けられなかった背景として、NHKの悲願であるネット常時同時配信が総務省で検討中だったと指摘。NHKと権力の一筋縄ではいかない関係性を説明しました。

 衆参8人の請願紹介議員のうち4人が出席して請願を受け取りました。
 日本共産党からは伊藤岳参院議員と私もとむらが参加。
 伊藤議員は「NHKの隠ぺい体質が問題だ。徹底的に追及していく」と語り、私は「そもそもこの一連の問題は内部告発、毎日新聞のスクープがなければ一切明らかにならなかった。公共放送として大問題。森下経営委員長は野党合同ヒアリングで経営委員会で番組内容については話していないといっていたのに、放送法に反する発言をしていた。何度もやりとりしたが、森下氏は放送法について知らないという印象を受けた。経営委員会のトップとしてふさわしくない。この請願には正当性がある」と訴えました。

 立憲民主党から奥野総一郎衆院議員、杉尾秀哉参院議員も参加し、真相究明の決意を表明しました。

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)