もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

豊川海軍工廠への空爆で亡くなられたお一人お一人に心からの哀悼の意を表します。

カテゴリー:

1945年8月7日、アメリカ軍のB29爆撃機124機とP51戦闘機45機によって豊川海軍工廠は空爆されました。2500人以上の命が奪われました。

亡くなられたお一人お一人に心からの哀悼の意を表します。

今年は、新型コロナの影響で、愛知県豊川市の「豊川市平和祈念式典」は規模を縮小して行われます

戦争と平和の資料館ピース愛知(名古屋市名東区)の展示によれば、豊川海軍工廠の空襲では、遺体は「戦士」扱いで家族にはかえされず、埋められ、戦後6年後に発掘。埋葬数2485名、氏名が判明したのが228名とのこと。

戦争の時の情報統制の実態もみておかなければなりません。

そして、豊川海軍工廠は、機銃の生産については日本最大規模でした。東洋一の兵器工場と呼ばれたとも伝えられています。

加害の歴史もしっかりと直視しなければなりません。

被害と加害の歴史について学び続け、伝え続け、二度と戦争を起こさせない努力をともにしていきたいと思います。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)