もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

豊橋農業協同組合の伊藤友之代表理事組合長と懇談いたしました!

カテゴリー:

 7月20日、愛知県豊橋市の豊橋農業協同組合に伺い、6月に就任された伊藤友之代表理事組合長と懇談いたしました。

斎藤ひろむ豊橋市議(東三地区委員長)、鈴木みさ子豊橋市議、元農業委員の早崎英夫さんとご一緒です。

新型コロナウイルス感染症の影響や国の支援策について意見交換しました。

冒頭、8日に発生した「突風」で農業用ハウスが破損するなど、災害が相次いでいる実態と対応、農協も参加する「担い手育成総合支援協議会」や「高収益作物次期作支援交付金」の状況を伺いました。

 

新型コロナウイルス感染症の影響を伺うと、花の需要が落ち込み、単価が大幅暴落し、農家の皆様が打撃を受けている状況をお話くださいました。

葬儀や結婚式、入学式、卒業式などの縮小の影響です。

豊橋農協としても、持続化給付金や農家を支援する「農産物利活用支援事業」など、補償の対象となるよう農家の皆様の実態を聞きながら対応していると話されました。

外出自粛の呼びかけが行われた時期は、地元の食材を販売する道の駅や農産物直売店に多くの方々が訪れたそうです。

お家で過ごすための食材を確保するためです。

伊藤組合長は、「“穂の国”豊橋、昔から農業国。ここの農業が崩壊したら日本の農業が終わってしまう。共産党であろうが、自民党であろうが、垣根を取り払っても守るべきものを守ってほしい。日本の農業の発展には必ずみなさんの力が必要です」と強調されました。

命の源である食料や、暮らしに彩りや癒しを与えてくれる花きをつくってくださる農家の皆様に心からの敬意と感謝を申し上げると同時に、価格保障と所得補償、国境措置の維持、強化で農業を守るために全力を尽くします。

お忙しい中、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)