もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県の感染症対策局と懇談しました!!

カテゴリー:

 7月7日、日本共産党愛知県委員会新型コロナウイルス対策本部の

すやま初美さんと高橋真生子さんと愛知県へ行って来ました。

「しんぶん赤旗」の記事をご紹介します。

ーーーーーーーーーー

 

 

 

 


積極的PCR検査に
本村議員、愛知県と懇談

 日本共産党の本村伸子衆院議員と愛知県委員会コロナウイルス対策本部は7日、県の感染症対策局と懇談しました。PCR検査の目標数や検査能力などの現状を聞き、受動的検査体制から積極的検査体制への転換を求めました。

 党県対策本部の須山初美本部長は、党の「感染抑止と経済・社会活動の再開を一体にすすめるための提言」を紹介。保健所職員の増員や医療現場への財政支援の強化を求め、「医療崩壊を起こさないためにも、保健所体制の強化という点でも力を合わせていきたい」と話しました。

 県感染症対策課の横井満課長は、PCR検査能力が秋には1日1600件を超えるよう拡充を図ると報告。「高齢者や医療・介護従事者で感染が疑われる場合は、県としても積極的に検査していく」と話し、保健所は職員の応援体制を取っていると説明しました。

 本村議員は、「検査能力は増えているが実際の検査数は減っている。経済活動と感染防止を両立させるためにも無症状者も検査対象として予防を図る必要がある」と指摘。抗原・抗体検査を含めた検査の拡充を求めるとともに、新型コロナかわからない段階で高熱で入院拒否された事例を示し、「協力医療機関」の確保を強調し、「医療機関への支援を国が積極的に行うよう求めていく」と話しました。

 横井課長は、これまで経過観察が原則だった濃厚接触者も症状の有無にかかわらず「検査していく」と回答。「協力医療機関」については「手を挙げていただく」と答えました。感染者を受け入れる専門病院の準備を進めていると話しました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)