もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

地方創生臨時交付金は公立病院支援、水道料金減免にも使えます!!

カテゴリー:

【地方創生臨時交付金→公立病院支援、水道料金減免に使えます!】

第二次補正予算案には、自治体の皆様が声をあげてこられた「地方創生臨時交付金」2兆円が盛り込まれています。
(野党は5兆円を求めてきましたが・・・。

その使い方ですが、 新型コロナウイルス感染症の影響で減収になってしまっている公立病院にたいする一般会計からの繰出しの支援の財源として、「地方創生臨時交付金」が活用できます。
減収補填対策債も使えますが、結局、病院会計の借金となるので、あとから借金返しで大変になってしまうかもしれません。

また、新型コロナ対応で、水道料金減免制度をつくった自治体も、もし一般会計から繰り出ししなければ、あとで水道料金が高くなるか、あるいは働く人の賃金が下がる、あるいは増えない可能性も出てしまいますので、そうならないためにも「地方創生臨時交付金」を活用いただきたいと思います。

参考までに内閣府のQ&Aを載せます。

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)