もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

自治労連の皆様、消防職員ネットワークの皆様と懇談!!

カテゴリー:

 11月16日、山下よしき副委員長とともに自治労連の皆様、消防職員ネットワークの皆様と懇談しました。

 消防職員の労働基本権を回復するために、国際労働機関(ILO)の勧告に応じて提出する行動計画の策定をめぐって関係団体と早急に協議するよう政府に働きかけてほしい、と要請をお受けしました。

 消防職員ネットワークの松永幸雄会長は、「職員が働き続けるための勤務条件整備やハラスメントの問題など、労働組合として求めていかなければ根本的な解決できない。住民の安全・安心をないがしろにすることにつながる」と語られました。。

 自治労連の桜井眞吾副中央執行委員長は、「政府は、ILOから2018年11月の次回専門家委員会への報告を求められている。そのうえで、社会パートナーと協議し検討するよう指摘があるが、社会パートナーであるはずの自治労連と協議していない。協議をしたうえでILOに報告してほしい」と述べました。

 自治労連と消防職員ネットワークの皆様は、消防庁と各会派にも要請しました。

 関係省庁に働きかけなければ!

 皆様、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)